最も快楽のある眠り落ち「絶頂睡眠」に導く頭のマッサージ(2017.09.11)

「絶頂睡眠」という言葉を聞いたことはあるだろうか? 近年、話題になっているキーワードだ。一聴した限りでは、至極心地良く、さぞかし、ぐっすり眠れる睡眠なのだろうと想像できる。この絶頂睡眠に冷感をプラスすることでさらに眠りやすくなるという「絶頂睡眠 冷感」が最近、話題になった。そんな絶頂睡眠から学ぶ、普段、ぐっすり眠るためのコツをご紹介しよう。

「絶頂睡眠」から学ぶ!ストンと眠れる頭皮マッサージ法

■「絶頂睡眠」とは何か?

「絶頂睡眠」を提供しているのは、日本初となる頭ほぐしの専門店「悟空のきもち」。京都に本店を持ち、東京は表参道でも店舗を展開している人気店だ。ヘッドマイスターと呼ばれる頭のもみほぐしの専門家が、優雅な手業で施術を行い、頭皮マッサージを受けることができる。頭がほぐされると、頭の中も目もスッキリするというが、その施術の最中は、何ともいえない極上の心地良さがあるという。

「絶頂睡眠」とは、ヘッドマイスターたちが、年間3万人以上もの人々の頭をもみほぐしていく中で検証した結果発見された、最も快楽のある“眠り落ち”を実現する手業が成し得るものである。

快感を追求することで、気絶するほどの快感が得られる手業を見つけ、それを行うことで客は究極の心地良い寝落ちが得られるという。

■「絶頂睡眠」を自宅で実践するのは無理なのか?

世界中の20%の人々が慢性不眠に悩まされているという今の時代、この「絶頂睡眠」を、普段の眠りに応用することができれば、それ以上良いことはない。せめて、頭をもみほぐすだけでも安眠効果が得られないものか、「悟空のきもち」を運営する株式会社ゴールデンフィールド 代表取締役の金田淳美さんに聞いてみた。

「“絶頂睡眠”の手技は完成されたものです。それはなかなかお伝えすることはむずかしいですし、すぐには実践することもむずかしいものです。ただ、頭皮のコリを自分でほぐすだけで変わってくるのは確かです。きっと心地良くて眠りやすくなると思いますよ」

絶頂睡眠の手技はさすがに熟練のヘッドマイスターにしか実践できないもののようだが、夜寝る前に、自分で頭皮マッサージをするだけで、安眠効果は多少なりとも得られるようだ。そこで金田さんに、とっておきのヘッドマッサージの方法を伺った。

「ご自分でやるときは、家にあるスプーンを使ってマッサージをするのがおすすめです。ちょうど、スプーンのカーブが頭皮にフィットしやすく、薄い頭皮でもしっかりとほぐすことができるんですよ」

【スプーンマッサージの方法】
スプーンを2つ用意し、スプーンの丸み部分を使って次のようにマッサージします。

・おでこにスプーンの丸み部分を当てて、引き上げる

・こめかみから耳上、髪の毛の生え際あたりにかけて、頭蓋骨にスプーンを押し当てるのを意識しながら、頭頂に向かって引き上げていく

・耳の後ろ側からスプーンを押し当てゆっくり耳を倒す

●ポイント:しっかりと頭皮が伸びているということを意識できるまで引き上げましょう。

「絶頂睡眠」から学ぶ!ストンと眠れる頭皮マッサージ法

■眠れないときは頭を冷やすと良い?

「悟空のきもち」では、この夏、頭を冷やしながら絶頂睡眠の施術を行うことで、より効果的に快眠が得られたことで評判になった。そもそも、人間は頭の上部を冷やすと眠りやすくなることが分かっている。ぜひ凍らせたタオルや保冷パックなどを後頭部に当てて眠ってみよう。このときに注意したいのが、くれぐれも耳から下は冷やさないこと。脳が覚醒してしまい、かえって眠れなくなってしまうからだ。

一方、体は温めるようにする必要がある。人間の体には「深部体温」と呼ばれる脳や内臓などの身体の内部の温度を、熱を発散することで下げ、より深く眠る機能が備わっているからだ。ぐっすり眠るためにも、くれぐれも体は冷やさないように心がけ、冷やすのは頭の上のほうだけにしよう。

眠れないときは、ヘッドマッサージを行い、後頭部を冷やしながら眠ってみてはいかがだろうか。もしかしたら、絶頂に近い、極上の眠りを得られるかもしれない。

金田 淳美

金田 淳美

株式会社ゴールデンフィールド 代表取締役。ドライヘッドスパ協会代表。全店舗1~3か月の予約待ち、キャンセル待ちで常時5000人超。日本一予約が取れないと話題の頭専門店「悟空のきもち」を展開する。

取材・文/石原亜香利(@DIME編集部)

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます