入浴中はスマホを見ないほうがいい!?(2017.09.20)

a0002_002308

リラックスタイムであるお風呂中に、自分な好きなことをする人が男性でも増えてきた。湯船に浸かりながら読書をしたり、スマホで動画をみたりとめいめい、過ごしていることだろう。ゆったりと長時間、湯船につかれば体も温まり代謝も向上するのだが、「リラックス」したい場合に関しては、この行為にちょっと待ったをかけたい。詳しい話を六本木ミッドタウンクリニック皮膚科形成外科「ノアージュ」の今泉明子院長に話を聞いてきた。

■スマホを見ながら入浴すると、脳の興奮が収まらない

今泉「ガンの早期発見に使用される『ペットCT』という機械があります。専用の薬品を注射をして、全身に行き渡らせてCTを撮ると、ガンが写るというものです。注射をしたあとは、部屋を必ず暗くされます。スマホもテレビも見てはだめで、行き渡るまでずっと待っていなければいけないんです。なぜか、というと、人は物を見ると、ものすごく脳を使ってしまうからなんですね。脳に血液が集中して、全身に薬品が行き渡らなくなってしまう。

それくらい、明るい場所で物を見るというのは脳に刺激が加わるんです。言わんとしたいことがお分かりになりましたか?(笑)お風呂の電気を消すとリラックス効果が上がるという記事が以前、配信されていましたが、これは本当です。私も電気を消してお風呂に入っています。

人間は閉鎖空間や暗い空間にいると脳の動きが抑えられるため、電気を消してお風呂に入ると圧倒的にリラクゼーション効果が高くなります。また、暗いと時間の感覚が鈍るため、熱すぎなければ長く入っていられるようになります。」

gahag-0013344883

■湯船につからないとニオイがきつくなる?

今泉「欧米人は、シャワーだけでお風呂を済ます人が多いです。夏でも湿度が低く、カラっとしているからなど様々理由はあります。また、欧米人のイメージでもうひとつあるのが、体臭ですね。香水を常用しているのはそのためとも言われていますね。実は、この2つ無関係ではありません。人種の違いももちろんあるのですが、シャワーだけだと汗や皮脂のニオイが残ってしまいます。湯船に入って全身の毛穴を開かせると、そのニオイを防ぐことができます。皮脂が酸化したニオイや、加齢臭を予防するには、湯船につかるのが効果的なんですね。」

52fb2cb50d7308a06cfcea7bab204c58_s

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます