• TOP
  • ヘルスケア
  • エナジードリンクで風邪薬を服用するのはやめたほうがいい

エナジードリンクで風邪薬を服用するのはやめたほうがいい(2017.09.22)

季節の変わり目は、朝晩の寒暖差によって体調を崩しやすくなります。ここでありがちなNGが、栄養ドリンクやエナジードリンクと風邪薬の併用。これは、間違ったものを選ぶとかえって体調を悪化させる可能性があるのをご存知ですか?

image001

◆なぜダメなの?

ほとんどの栄養ドリンクやエナジードリンクには、多量のカフェインが入っていることがあります。風邪をひいた際に服用する、総合感冒薬にもカフェインが入っているものが多く、併用することで摂り過ぎとなり、場合によっては動悸や息切れなどをまねくことがあります。ボーっとした頭をシャキっとさせるために、わざわざカフェイン量の多いドリンクを選んでいた人は、かえってカラダに負担をかけることも。

image003 

◆カフェインの一日上限量は定められていない?

そこで念のために知っておきたいカフェインの一日上限摂取量ですが、意外にも現在の厚生労働省では、これといった基準を定めていません(※)。しかしここ最近、東京福祉大学にて問題ない摂取量として成人1 日300 mg(5 mg/kg)以内とする調査結果が発表されました。

(※2016年9月現在、参考資料/東京福祉大学・大学院紀要 第6巻 第2号:栗原久教授)

image005

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます