水虫の感染スポットは身近にある(2017.09.23)

bf9cb588264e0651e86b60c3bccb9b51_s

10月ぐらいまで皮膚科に訪れる人の悩みの多くが「足がかゆい」だという。足がかゆいで真っ先に思い浮かぶのが「水虫」だが、足がかゆい、もしくは皮がめくれるからといって水虫ではないという。この時期、気になる足の悩みについて、ノアージュの院長・今泉明子先生に話を聞いてきた。

5月以降から圧倒的に増える足のトラブル

今泉「4月から10月くらいまでの半年間は”足がかゆい”と相談にくる患者さんが多いです。足に水ぶくれができるとか、プツプツができるというのも多いですね。足には病気がけっこう多いんです。まず、多いのが、異汗性湿疹ですね。顔やワキからは汗がぽたぽたと垂れてきますよね? けれど、手足は、皮膚が厚いため、汗が水滴になって垂れないんです。

つまり、汗が皮膚の中に溜まってしまって、痒くなるんです。さらに皮もむけるので、水虫と間違われやすいです。異汗性湿疹は病気ではありますが、体質によるところが大きいので、汗を抑えたり、こまめに汗を拭いたりすれば抑えることができます。もちろん湿疹のお薬を塗れば症状が改善されますよ。」

1
乾性落屑性異汗症 出典:皮膚科学 第7版(金芳堂)

異汗性湿疹は完治できるの?

今泉「治ります。冬にね。汗をかく時期は、どうしても症状が出ちゃう人が多いですけどね。治療する場合は、汗を抑える薬や、湿疹を治すお薬がよく効きます。皮がむけるだけとか、かゆい人もいるけど、これはもう体質なので、病院に行くまでもないかな? という人は、足をタオルシートなどで拭くとか、汗対策をすればよいでしょう。臭いも減るし!」

身近に感染スポットが山ほどある水虫

今泉「まず、異汗性湿疹が多く、その次に多いのが水虫です。本当に簡単に移るんですよ。水虫の原因であるカンジダってその辺にいるカビですからね。感染元として一番多いのはバスマットですね。スポーツジムや銭湯、ゴルフ場、ランニングステーションとかのバスマットでうつる人が多いです。

不特定多数の人が使うところは大体危ないと思ってください。居酒屋のトイレのスリッパとかも怪しいですね。けれど、水虫に感染しない鉄則があります!そういうところに接触したら、12時間以内に足を洗えばいいんです。ただ、綺麗に洗えてない人が結構多い。指の間や爪のまわりもきちんと洗ってくださいね!」

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます