お尻を鍛えるトレーニング中級編《ヒップリフト》【吉田輝幸の男前トレ】(2017.09.29)

筋トレで痩せやすい体を作る場合、大きな塊の筋肉を鍛えると効率よく痩せることができる。大臀筋はそのうちのひとつで、ここを鍛えれば基礎代謝が上がりやすい! デスクワークの人は特に垂れ下がりにも注意なので、トレーニングをしてキュッと引き締まった美尻を目指そう!

大臀筋トレーニングの中級編 ヒップリフト

吉田「今回は、大臀筋の外側の効く、『ヒップリフト』を紹介します。前回、ヒールスクイーズをご紹介しましたが、同じ大臀筋を鍛えるトレーニングでも、様々な方法で鍛えたほうが形の良い綺麗な筋肉に仕上がります。つまりヒップラインがより綺麗になるということです。

MB-002

吉田「まずは、仰向けに寝転がり、両膝を立ててください。膝どうしはくっつけなくて大丈夫です。手は肩幅よりも少し広めに広げてお尻の横あたりにおきましょう」

MB-001

吉田「次に、お尻を持ち上げます。大臀筋の外側が収縮するのを感じる高さまででOKです。かかとはつけたままで、ももや腕などに余計な力をいれないように注意してください。この状態で、3秒キープして、元の体勢にもどします。回数は自分のできる限界まで! 負荷を上げたい場合は、キープする秒数を増やしてください」

MB-003

吉田「尻を持ち上げすぎて、背中を反ってしまうのはNGです。全く別の筋肉に作用してしまうので、あくまで大臀筋に力を入れた姿勢をキープしてください」

吉田トレーナーの今日の教訓

・同じ筋肉でも、違うトレーニング方法で鍛えると形の良い筋肉に!
・背中を反らさず、大臀筋の外側に力が入っていることを意識!

36310

フィジカルトレーナー 吉田輝幸

1975年生まれ。国士舘大学体育学部卒業。大学卒業後に本格的にパーソナルトレーナーの道を進むため、渡米。帰国後はさまざまなスポーツ、ジャンルのアスリートのトレーナーとして活躍。正しい身体の使い方、正しい動きによって最高のパフォーマンスを引き出す「吉田コアパフォーマンスメソッド」を提唱。現在は、トップアスリートやモデル、アーティストなどが通うトレーニングジム、「PCP」のフィジカルトレーナー&ディレクターを務める。また、多くのフィットネスクラブや専門学校でのパーソナルトレーナー養成やトレーニングマシーン開発補助、テレビや雑誌などさまざまなメディアでも活動している。

PCP
http://www.p-core-p.com/

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます