• TOP
  • ファッション
  • 自社ムーブメントを搭載した「フレデリック・コンスタント」の新モデル

自社ムーブメントを搭載した「フレデリック・コンスタント」の新モデル(2017.10.08)

スイスの時計ブランド「フレデリック・コンスタント」は、デザイン、製造、組立まで行った新しいマニュファクチュール ムーブメント“FC-702”のキャリバーを搭載した新作3モデル(362,000円~402,000円)を発売した。

img_138706_1
▲FC-702V3S4 イメージカット

フレデリック・コンスタントは、2004年から自社製キャリバーを開発・生産しており、“Accessible Luxury/手の届くラグジュアリー”をコンセプトに、開発で培ったノウハウを生かしたFC-700シリーズのキャリバーを2008年から開発している。新作の「スリムライン ムーンフェイズ マニュファクチュール」には自社内でデザイン、製造、組立まで行った新しいマニュファクチュール ムーブメント“FC-702”のキャリバーを搭載。

■マニュファクチュール

2004年以降、フレデリック・コンスタントは独自のキャリバーを創り出し、デザインから製造、組立まで自社製造で行っている。これにより、独立性を高めて製造ラインのコントロール力を強化し、品質の向上に努めました。結果、製品の納入までのスピードアップを図ることが可能となった。

■新作ムーブメント“FC-702”

スリムライン ムーンフェイズ マニュファクチュールには、マニュファクチュール ムーブメント“FC-702”が搭載されている。25種類もの自社製キャリバーのリストに新たに加わったこのキャリバーは、フレデリック・コンスタントのアイコンであるムーンフェイズのムーブメントをベースとしているのだ。

ムーンフェイズ機能とデイト表示機能を新しい2つのカウンターで分けるためにデザインが見直され、両機能ともリューズを通して調整できるようにした。このムーブメントは、フレデリック・コンスタントの自社製キャリバーのすべてに取り入れられているペルラージュやコート・ド・ジュネーブ装飾を見事に引き立てている。ブランドの研究開発部と時計師たちがムーブメントを完成させ、市場に導入するまでには、約2年の歳月を費やした。

■ウォッチについて

この時計には、シルバーカラーとブラックの2種類のダイヤルがあり、ケース素材は、ローズゴールドプレートかポリッシュ仕上げのステンレススチールから選べる。3つのパーツから成る38.8mmのケースには、ドーム型サファイアクリスタルとシースルーケースバックを採用し、FC-702キャリバーの内部機構を楽しめるのだ。

ムーンフェイズ機能とデイト表示機能のための2つのカウンターは、それぞれ3時位置と9時位置にある。エレガントな曲線を描くダイヤルはケースとシームレスに一体化し、ハンドセッティングしたインデックスとハンドポリッシュが施された指針を美しく見せており、ダークブラウンまたはブラックのアリゲーター ストラップも外観をいっそう引き立てる。

1 2

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます