今日から意識!男の美肌へ導く3つのポイント(2017.10.04)

たったこれだけ! 男の美肌への3つのポイント

男性の肌は女性に比べて皮脂量が多く、水分量が少ない…だから肌が汚く見える!? いやいや決定的な違いは、めんどうでケアしてない、もしくは間違ったやり方。

そこで、女性美容に長年携わってきた経験から、面倒くさがりな男性でもこれだけおさえておけばOKな、美肌への3つのポイントを男目線で伝授します。

Point 1 こすらない!

「洗顔や化粧品を塗布する時に、肌を強くこすってはいけない」ということぐらいは、すでにみなさんも知っていると思いますが、男性のその力加減に対する認識が甘過ぎ。

というのも何十年も美容に携わり、毎月数多くの化粧品発表会や説明会に参加している私でも、製品を試用する際にBA(ビューティアドバイザー)の方から、いまだに時々注意されるのが「こすっちゃダメ!」ということ。

自分では相当やさしく塗っているつもりでも、専門家からすると力が強過ぎるということになるらしい。では、どうしたらいいのかというと、以前に某メーカーのカリスマBAと呼ばれる方からご教授いただいたのが、化粧品を塗布する際には薬指だけを使うということ。

特に男性の場合は、中指を使ってしまうと力が入り過ぎるので、乳液などを薬指の先で肌に置くようにつけた後、薬指の第二関節まで使ってそっとのばすことがベストな方法なんだそうです。

その方法を実演していただいたのが下の写真ですが、肌に触れているのかわからないくらいの微妙なタッチ。それくらいの意識でいないと肌には負担がかかり、長期にわたり蓄積されたダメージがシミやシワ、たるみの原因となることもあるので注意が必要です。

ちなみに、この「こすらない!」というのは、顔だけではなくカラダ全体にいえることで、髪のシャンプーやボディを洗う際はもちろん、タオルドライのときも同じ。さらに日常生活でも、汗を拭くときやおしぼりで顔をゴシゴシこするのはやめるべき。

point1

Point 2 短時間で!

お風呂上がりの1杯のビールって、おいしいですよね。火照ったカラダを冷ましながら、ノドの渇きを潤すこのひと時がたまらない! という方も多いのではないのでしょうか。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます