効率的な準備運動メソッド《ムーブメントプレパレーション(3)》【吉田輝幸の男前トレ】(2017.10.07)

一方が縮むと、反対側が伸びるという筋肉の性質を利用した次世代型ストレッチの「ムーブメントプレパレーション」。従来のストレッチでは、柔軟性を向上させるのが難しかったが、体温を上げ、動きの中で体を伸ばす「ムーブメントプレパレーション」は、怪我も予防できトレーニングにもなる。今回は、ランニング前に使える脚の動き『サイドランジ』を紹介しよう。

■ももの内側を伸ばす「サイドランジ」

吉田「サイドランジは、左右のももの内側を伸ばす運動です。動き的にかなりトレーニングの要素を含みますので、運動前のアップにもってこいの動きです。」

4165

吉田「まずはつま先を正面に向け、両脚をできるだけ大きく開きます。腕は胸の前でクロスさせておきます。」

4161

 吉田「右の膝を曲げ、お尻を突き出すようにしてぐっと沈み込みます。左のももの内側が伸びる動きですが、このとき右の太ももの前側は、スクワットをしているときと同じような感覚で、収縮し筋トレになっています。」

4163

吉田「3秒ほど静止したら、最初のスタンスに戻り、今度は反対側に体重を移動します。動き方は動画でチェックしてください。」

POINT

4159

4160

吉田「横から見た図です。お尻をつきだし、前傾するような形をとるとももが伸びます。背中は丸めないほうがいいのですが、たまに背筋をまっすぐ伸ばしたまま、体を動かす人がいるので注意してください。」

■動きを動画でチェック

36310

フィジカルトレーナー 吉田輝幸

1975年生まれ。国士舘大学体育学部卒業。大学卒業後に本格的にパーソナルトレーナーの道を進むため、渡米。帰国後はさまざまなスポーツ、ジャンルのアスリートのフィジカルトレーナーとして活躍。正しい身体の使い方、正しい動きによって最高のパフォーマンスを引き出す「吉田コアパフォーマンスメソッド」を提唱。現在は、トップアスリートやモデル、アーティストなどが通うトレーニングジム、「PCP」のフィジカルトレーナー&ディレクターを務める。また、多くのフィットネスクラブや専門学校でのパーソナルトレーナー養成やトレーニングマシーン開発補助、テレビや雑誌などさまざまなメディアでも活動している。

PCP
http://www.p-core-p.com/

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます