• TOP
  • ビジネスマナー
  • 現状の労働時間「満足している人42%」「不満な人26%」満足のほうが多数!

現状の労働時間「満足している人42%」「不満な人26%」満足のほうが多数!(2017.10.12)

厚生労働省主導で時間外労働の削減が重視される中、働き方改革をうたう企業が増えてきている。このような中、従業員は現状の労働時間に満足しているのだろうか。実態を把握すべくマクロミルは、東京23区に勤めるフルタイムの正社員を対象に調査を実施した。

bc810d105e9a1f76d77ae8550e45c9bd_s

【調査結果】

【1】1日の平均労働時間は8.9時間、“残業ほぼなし”の会社員は24%。

東京23区内の企業で働く正社員1,000名に、基本労働時間に残業時間を含めた1日の総労働時間(休憩時間を除く)を、過去3カ月の平均でたずねたところ、最多は「8時間以上~9時間未満」で39%、次いで「8時間未満」が24%であった。

労働基準法の第32条では原則として、1週間に40時間、1日に8時間を基本労働時間と定め、それを超える時間を残業時間としていることから、労働時間が8時間未満の“ほぼ残業なし”の会社員は 24%であることが今回の調査で判明。また、1日の平均労働時間は8.9時間となっている。

【図】1日の総労働時間(過去3ヵ月平均)※休憩時間を除く。ベース:全体 / n=1,000

sub2

【図】1日の総労働時間の平均 ※休憩時間を除く。ベース:全体 / n=1,000

sub1

【2】現状の労働時間に、満足42%、不満26%。満足の方が多数!

現在の労働時間に対する満足度をたずねたところ、“満足(とても満足+やや満足の合計)”が43%、“不満(とても不満+やや不満の合計)”が26%で、満足している人の方が多いことがわかる。

世代別に“満足(とても満足+やや満足の合計)”の割合を比べると、20代では半数を超えているが、30代が43%、40代が35%と、満足の割合が低下。

【図】労働時間に対する満足度(世代別) ベース:全体、世代別 / n=1,000

sub3

【3】労働時間、増やしたい?減らしたい? 「今のままで良い」が49%、「減らしたい」が43%

次に、現在より労働時間を増やしたいか、減らしたいか、希望をたずねた。最多は「今のままで良い」49%で、約半数が現状維持を希望しているようだ。一方、「減らしたい」は43%で「今のままで良い」の割合にせまっており、「増やしたい」という人も8%とわずかながらいるよう。また世代別における大きな差は見られなかった。

【図】 労働時間を増やしたいか減らしたいか ベース:全体 / n=1,000

main

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます