従来品より温かさ3.5℃アップした冬用リカバリーウエア(2017.10.23)

繊維メーカーで、休養・睡眠時専用のリカバリー(疲労回復)ウエアを製造販売するベネクスは、発熱・保温性の高い冬用のリカバリーウエアとして、新シリーズ「フリーフィールウォーム」を2017年10月27日(金)から、全国の百貨店、スポーツ用品店、オンラインショップなどで販売する。

フリーフィールウォーム_着用01

商品は、タートルネックやハイネックなどウエア4種(トップス3種、パンツ1種/税別13,000円~)と 、腹巻きタイプのアクセサリー1種(税別3800円)を展開。「フリーフィールウォーム」は、血流を促し疲労回復や安眠を促す独自開発の特殊繊維(PHT繊維)と、吸湿発熱性の高い再生繊維であるリヨセル糸(素材)を編み合わせて開発した生地を使用している。

PHT繊維に練り込んだ鉱物が発する微弱な電磁波が、副交感神経を高め、血流を促し、疲労回復へと身体を導くのに加え、リヨセル糸でさらに体を暖める効果が期待できる。

■従来品より温かさ3.5℃アップ

リヨセル糸は、空気中の水分(湿気)を繊維表面に吸着して発熱する、吸湿発熱性の高い素材だ。ウエア自体が、体から出る汗や水蒸気などの水分を吸着し、同時に熱を発し、体を暖める仕組み。

今回のフリーフィールウォームの生地には、そのリヨセル糸を55%配合。従来品(ポリエステルとポリウレタンでつくるリチャージシリーズ)と比較すると、一定温度下の湿度変化に伴う生地の温度で、フリーフィールウォームの方が最大で3.5℃も暖かくなるという結果が出た(伊藤忠ファッションシステム検査)。

加えて、生地の裏側を微起毛させることで、保温性も高める。またリヨセルは、サラッとした柔らかい肌触りも特長。薄さと軽さは従来品と同水準にキープしたため、着心地も快適。ベネクスのリカバリーウエア本来の機能性はそのままに、「あったかく」かつ「快適な着心地」を重視した、冬専用の新シリーズが「フリーフィールウォーム」だ。

フリーフィールウォーム_着用_メンズ01 

■安眠のカギとなる“首”や、腸の働きを助ける“お腹”をサポート

ウエアは、愛用者らから要望の多いタートルネックとハイネックを発売する。首の頸部には太い血管や、自律神経(交感神経と副交感神経)が集中しており、ウエアで首を覆うことで、副交感神経が高まり、血流が促進するので、安眠効果が期待できるのだ。

ウエア類はその他、クルーネックとロングタイツを用意します。カラーは男女共通がチャコールで、メンズはミストブルー、レディースはローズピンクを展開。3色いずれも新色。アクセサリーは、“お腹”をサポートする“あったか”腹巻きを発売。腹巻きは、“腸活”アイテムとして人気の期間限定の商品で、毎回、限定数が早くに完売する好評ぶり。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます