「スニーカー通勤」OKな会社は全国で4割以上!(2017.11.04)

アメリカ・ボストン発のハイブリッド・シューズを輸入・販売するロックポート ジャパンは、全国の20~50代男性で、週に4日以上スーツを着用する400人を対象に、「スニーカー通勤」に関する意識調査を実施した。

red-2063524_640

2017年10月2日、スポーツ庁は「FUN+WALK PROJECT」と題して、健康増進を目的に「歩きやすい服装」での通勤を推奨することを発表した。これを受けて、テレビやネット上で特に男性のスニーカー通勤に注目が集まり、賛否両論の声が上がっている。

本調査によると「スニーカー通勤」が可能な会社は全国で4割以上(44.3%)、西日本だと5割近く(48.5%)にのぼった。<表2>しかし、「スニーカー通勤がOKなのに、スニーカー通勤をしたくない人」の理由として、1位は「スニーカーはスーツに合わない(51.4%)」、2位はビジネスマンとして革靴を履くことはマナーだから(37.1%)という結果に。

スニーカー通勤を今後さらに普及していくためには、「ビジネスマンのコーディネートとして、スニーカーとスーツを合わせても問題ない」ということを啓発していく必要性があるようだ。

また、同じく職場で許容されているのにスニーカー通勤をしたくないと回答した人(35人)に、「どのようになればスニーカー通勤をしたくなるか?」を聞いたところ、「見た目が革靴に見えるスニーカーがあればよい」という回答が1位(62.9%)に。

最近では、スニーカー感覚で履けるビジネスシューズ(見た目は革靴なのに履き心地はスニーカー)は「ハイブリッド・ビジネスシューズ」といわれており、今後ますます需要が高まりそう。

そこで、ハイブリッド・シューズの先駆者であるロックポートが、特に仕事でスーツを着用する機会の多いビジネスマンに、その本音を聞いてみた。

■ビジネスマンにとって“スーツ×革靴”は当たり前?

まずは、「仕事でスーツを週に4~5日着用する」ビジネスマンを400名抽出。その中で「ビジネスシューズを週に4日以上履く」男性は96.8%。ほとんどのビジネスマンは、「スーツにビジネスシューズを履いている」ことがわかる。

一方で、「あなたのお勤めの会社(仕事)は、スニーカー通勤は可能ですか」の問いに対しては、約半数の44.3%が「はい」と回答。つまり、スニーカー通勤は禁止されてはいないが、スニーカー通勤をしていない男性が多いと言えるようだ。

表1 あなたは普段お仕事で、どの程度ビジネスシューズを履きますか。(1つ選択)

img_141093_1

表2-1 あなたのお勤めの会社(お仕事)は、現在「スニーカー通勤」は可能ですか。(1つ選択)

img_141093_2

表2-2 <地域別>あなたのお勤めの会社(お仕事)は、現在「スニーカー通勤」は可能ですか。(1つ選択)

img_141093_3

■「スニーカー通勤」したくない理由は、「職場の雰囲気、スーツスタイルに合わない」が1位に

では、職場(職業)では許容されている方に、「スニーカー通勤」をしたいかどうかを聞いたところ、「したい派(とてもしたい、どちらかというとしたいを含む)」が49.7%、「したくない派(どちらかというとしたくない、絶対にしたくないを含む)」が19.7%、「どちらとも言えない」が30.5%という結果となった。

また、「したくない派」(35人)の理由としては、多い順に「スニーカーはスーツやジャケットに合わない(51.4%)」、「ビジネスマンのマナーとしてふさわしくない(37.1%)」「職場の雰囲気に合わない(25.7%)」(複数回答)などが上位にあげられた。

表3 あなたは「スニーカー通勤」をしたいと思いますか。(1つ選択)

img_141093_4

表4 「したくない派」がスニーカー通勤したくない理由(複数選択可)

img_141093_5

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます