• TOP
  • オーラルケア
  • 年齢を重ねるとリスクが高まる「大人むし歯」って知ってる?

年齢を重ねるとリスクが高まる「大人むし歯」って知ってる?(2017.11.13)

サンスターグループ オーラルケアカンパニー(以下サンスター)は、近年増加している大人のう蝕(むし歯)に着目し、大人になるとリスクが高くなる「根面う蝕(根元むし歯)」の現状を調査。

この研究成果を第147回日本歯科保存学会2017年度秋季学術大会(2017年10月26日(木)~27日(金)、於:マリオス 盛岡地域交流センター)にて発表した。

OZP73_hagaitaidansei20130707_TP_V4

【研究の背景・目的】

サンスターでは、人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する商品・技術を提供することを目的とし、オーラルケアに関する研究を行っている。

近年、高齢者のう蝕は残存歯数の増加に伴って増加し、歯と歯の間にできるう蝕の他に、歯の治療を行った詰め物の隙間からう蝕が広がる「二次う蝕(再発むし歯)」や、歯周病や加齢などによって歯肉が退縮し、歯の根面が露出した部分に発生する「根面う蝕(根元むし歯)」が大きな課題となっている。

しかしながら、根面う蝕に関する研究報告は少ないのが現状であり、歯周病との関連性を調査した報告もほとんどないため、本研究では根面う蝕有病率の現状に加え、根面う蝕重症度と歯周病重症度の関連性を調査することを目的とした。

【研究の方法】

2016年11月から2017年1月の2ヶ月間に一般財団法人サンスター財団附属千里歯科診療所に通院し、カルテデータの使用に同意を得ている20歳代~80歳代の男女を調査対象者とした。調査対象者のカルテを千里歯科診療所の歯科医師が匿名化したうえでデータ抽出を行った資料の提供を受け、根面う蝕有病率、根面う蝕重症度と歯周病重症度の関連性を調査。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます