• TOP
  • ヘルスケア
  • 頭痛や肩こり、便秘、薄毛の悩みが少ない人が実践する入浴方法

頭痛や肩こり、便秘、薄毛の悩みが少ない人が実践する入浴方法(2017.11.11)

11月に入り一段と冷え込み、お風呂がいっそう気持ち良い季節となった。健康や美容にも良く、日本では古くからお風呂文化が親しまれてきたが、近年では、家庭の浴槽での溺死者数が平成27年に4,804人となり、平成16年の2,870人と比較し11年間で約1.7倍に増加している状況でもある。

この度、熱で暮らしを豊かにするリンナイでは、寒さが本格化する冬季に向けて、入浴習慣の実態や健康状態との相関関係を探るべく、全国20~70代の男女 計960名を対象に「入浴習慣」に関する意識調査を実施した。

【調査概要】

・入浴事故の危険性が少ない「健康手抜き風呂」を実践している人はたった2割
・約3割の人はヒートショックの危険性が高い「熱中症風呂」で入浴
・「健康手抜き風呂」の人ほど、頭痛や便秘、薄毛の悩みが少ない傾向
・高血圧と診断されたことが多いのは「江戸っ子風呂」・「熱中症風呂」
・「健康手抜き風呂」の人ほど冷え性の悩みが少ないという結果に
・「健康手抜き風呂」を実践している人ほど幸福に思っている人が多い傾向
・暖房環境について調査!浴室にも脱衣所にも暖房機がない人は約6割と多数

main

sub1

早坂 信哉 先生

東京都市大学人間科学部教授、医師、博士(医学)、温泉療法専門医。お風呂を医学的に研究している第一人者。「世界一受けたい授業」「ホンマでっか!?TV」など多数のメディアに出演。主な著書は『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(KADOKAWA)、『入浴検定 公式テキスト お風呂の「正しい入り方」』(日本入浴協会)など。

■入浴習慣の実態を調査!浴槽に浸かる入浴を毎日行う人は約4割。入浴時間の全国平均は15.2分、浴槽の温度は42℃が最も多い結果に

浴槽に浸かる入浴を1週間のうち何日行うかを伺ったところ、「7日」と回答した人が最も多く、43.9%という結果となった。また、入浴時間については平均が15.2分。

エリア別にみると、最も長かったのは九州の18.5分、最も短かったのは中部エリアの13.3分と、約5分の差があった。冬場の温度設定では、42℃が最も多く、40~42℃がボリュームゾーンということも判明。

Q1. あなたは浴槽に浸かる入浴を、1週間に何日行いますか? (単一回答 N=960)

sub2

Q2. あなたは普段、入浴に何分かけますか?「浴槽に浸かる時間」について、 最も近いものをお聞かせください。 (単一回答 N=758)

平均入浴時間 15.2分

sub3

Q3. ご自宅の浴槽について、冬場のお湯の温度を教えてください。給湯器の温度設定がある場合、その温度をお答えください。 (単一回答 N=758)

sub4

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます