腰をゆらゆら揺らす運動「ゆら活」で骨盤まわりのバランス改善(2017.11.25)

美容・健康ジャンルをメインに独自性の高いオリジナル製品の企画・開発を行なうドリームは、専門家との共同開発ブランド「プロイデア」より寝返りができるひざ下まくら『寝返り運動腰楽ゆらゆら』を新発売した。

■ひざ立て寝姿勢でゆらゆら揺れて、腰への負担を軽減

unnamed

人生の約1/3を占めるといわれる睡眠。

毎日、私たちは約7~8時間にも及ぶ寝姿勢によって、腰への負担を強いられている。

就寝中の腰への負担を少しでも軽くするには、ひざ立て姿勢になり、仙骨の角度をゆるやかにすること。

しかし、ひざ立て姿勢を維持したまま寝るのは難しいもの。

この課題を解決するため、プロイデア(PROIDEA)では、寝返りができるひざ下まくら『寝返り運動 腰楽ゆらゆら』を開発した。

足を肩幅に開いて、本品のくぼみの上に両ひざを立てて寝ると、仙骨の角度がゆるみ、腰まわりの負担が軽くなってリラックス状態に。

さらに左右にゆらゆら揺れることで筋肉が緩和し、骨盤まわりの歪みも整い、理想の寝姿勢へ。筋肉がリフレッシュするので、翌日起きた時の腰の痛み・つらさが変わってくる。

■業界初!「寝返りができる」ひざ下まくらの誕生

unnamed (1)

『寝返り運動 腰楽ゆらゆら』は、ひざを立てて乗せるだけで自然と腰の浮きが軽減される形状なので、腰痛になりやすい“反り腰”の方や、仰向けで寝づらい方にもおすすめ!

本商品は、足を乗せてもへたりにくく揺れやすいように3層構造になっている。

上部は気持ちいい柔らかさの2種類の“綿”、中央部は足の重さを受け止める“ウレタン”、底部は左右に揺れやすくする“硬質プレート”を採用。

これにより、業界初となる「寝返りができる」ひざ下まくらが誕生した。

寝返りは、血液循環をよくするためにも一晩に20~30回は行なうというほど重要なもの。

形状と構造について試行錯誤を繰り返した末、足を固定してしまう従来のひざ下まくらにはない、就寝中の寝返りを可能にした。

■就寝前の1分ゆらゆらを日課に。「ゆら活」で腰楽に

普段から気をつけていても、体の土台となる腰は常に過労を強いられている。

だからこそ、1日1回は、ゆらゆら運動で腰をストレッチしてあげることが大切。

寝る前に1分間、本商品を使って骨盤まわりを動かすイメージで、左右にゆらゆら運動するだけでも効果的。腹部・腰部の筋肉の片寄りがほぐれて、歪みやねじれが左右均等になり、骨盤まわりがバランス良く整う。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます