• TOP
  • ファッション
  • 「逆三角形ボディをカッコよく見せる」メンズブランド『0.875M/G』って知ってる?

「逆三角形ボディをカッコよく見せる」メンズブランド『0.875M/G』って知ってる?(2017.11.30)

「逆三角形ボディをカッコよく見せる」メンズブランド『0.875M/G』

せっかく鍛え上げたできた逆三角形の体型。

なのに、シャツ姿になるとなぜか、どうにも格好悪い。

そういう思いをしている細マッチョの人は、多いのではないだろうか?

そんな人たちにぴったりのシャツを提供するメンズブランドが、このたびクラウドファンディングサイトのMakuakeでサポーターを募っている。

ブランドの名称は『0.875M/G』(レイテンハチナナゴミリグラム)。

レディース・子供服のファッションデザインに携わったのち独立した気鋭の女性デザイナーが、1年余りの準備期間を経て立ち上げた。

デザイナーのシモマカヨコさんは、「逆三角形の美しく鍛え上げた体型を、人に不快感を与えることなくカッコよく見せる」をコンセプトに、約50人の逆三角形ボディの持ち主のサイズをリサーチしたという。

その結果、考案されたのが「+」(プラス)というサイズシステム。

例えば「M+」だと、着丈・袖丈は通常のMサイズだが、肩幅・身幅はLサイズ、そしてウエストはややスリムにしている。

『0.875M/G』では、通常サイズのS、M、L、LLに加え、逆三角形ボディ向けのM+とL+のラインナップを展開する。

1
『0.875M/G』独自のサイズシステム「+」(プラス)

また、「S〜LLサイズの着丈・袖丈は、全サイズほぼ変えず身長160~175向けに、M+とL+サイズの着丈・袖丈は長くして身長175〜向け」に設定している。

身長別にサイズ分けしたのは、「着丈が長いと胴長、短足に見え、さらにだらしない印象」になるのが理由だという。

『0.875M/G』のメインアイテムはTシャツだが、その素材にもこだわる。

生地は、ノースカロライナ州産コットンをカリフォルニア州の工場でニッティングした後、日本国内で縫製したもの。

「ドライタッチでコシがあるのに柔らかい」着心地を重視した質感となっている。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます