スクワットの効果をさらに高めた《スプリットスクワット》【吉田輝幸の男前トレ】(2017.12.01)

今回は、パーフェクトトレーニングであるスクワットの効果をさらに高めた『スプリットスクワット』を紹介!

片足ずつ負荷をかけることで、より大きなトレーニング効果を生むことができる。

さっそく、詳しい方法を吉田トレーナーに教えてもらおう!

尻とももを引き締めるスプリットスクワット

『スプリットスクワット』は名前の通り、スクワットを片足ずつに分けたものです。

前に出した足の方がお尻の筋肉に作用し、後ろの足がももの前の筋肉に効きます。

片足ずつ行うので、その効果はノーマルのスクワットよりも高いです。

トレーニングの時短にもなりますので、ぜひ挑戦してください!

38458

吉田「まず、右足を前に出し、90度に曲がるように腰を落とします。

左足の膝は地面につけ、こちらも、ももとふくらはぎが90度くらいになるようにしてください。

背筋を伸ばすことと、90度の角度は再び腰を下げるときにも意識しましょう。」

38459

吉田「そこから、スッと腰をあげます。

手は胸の前でクロスさせておき、余計な力が入らないようにしましょう。」

38460

吉田「そこから、再び腰を落とします。

右ももと床とか平行になるようにしてください。

右膝がつま先より前に出ないように注意です。

左膝は床につくギリギリのところまで下げます。

3秒かけて腰を落とし、3秒かけて体勢を戻します。

このトレーニングも、自分ができる限界まで行うのがお約束です。

終わったら、足を反対にして行いましょう。」

38466

38465

吉田「前から見たときです。

上体が前後左右にぶれないように、体幹の筋肉にも軽く力を入れて上体を支えましょう。

ひとつひとつ、意識を持って行うと全身運動になるのがスクワットです。

これが、パーフェクトトレーニングと呼ばれる所以ですね。」

吉田トレーナーの今日の教訓

・体幹の筋肉を使い背筋を伸ばすことを忘れるべからず!
・前の足、後ろの足、ともに90度の角度まで曲げるべし!
・尻とももの筋肉の収縮を意識すべし!

36310

フィジカルトレーナー 吉田輝幸

1975年生まれ。国士舘大学体育学部卒業。大学卒業後に本格的にパーソナルトレーナーの道を進むため、渡米。帰国後はさまざまなスポーツ、ジャンルのアスリートのフィジカルトレーナーとして活躍。正しい身体の使い方、正しい動きによって最高のパフォーマンスを引き出す「吉田コアパフォーマンスメソッド」を提唱。現在は、トップアスリートやモデル、アーティストなどが通うトレーニングジム、「PCP」のフィジカルトレーナー&ディレクターを務める。また、多くのフィットネスクラブや専門学校でのパーソナルトレーナー養成やトレーニングマシーン開発補助、テレビや雑誌などさまざまなメディアでも活動している。

PCP
http://www.p-core-p.com/

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます