「お酒は太る?」「肉抜きで痩せる?」ダイエットの素朴なギモンまとめ(2017.12.02)

やっぱり、肉や酒はダイエットの大敵?

「糖質」と「糖類」の違いは? 

朝食はやっぱり食べたほうがいい?

何となくわかったつもりでいる食習慣の素朴な疑問に答えます!

お酒は太るってホント?

MB118-001

アルコール由来のカロリーは、体内に吸収されず体熱として放出されてしまう。

つまり飲みすぎなければ、お酒だけでは太ることはない。

覚えておきたいのが、太りにくいお酒。

糖質が少ないウイスキーや焼酎、ウオツカ、ジンなどの蒸留酒は太りにくい。

一方、穀物が原料のビールや日本酒などの醸造酒は、糖質が高めなので飲む量に要注意。

「とりあえずビール」の後はハイボールや焼酎、サワーに切り替えていこう(上表は100ml当たりの糖質量の目安)。

水の飲みすぎ、実は危険だった!?

体重の約60〜65%を占める水。

酸素や栄養を運んだり、体温を調整したりと、様々な役割を担っている。

1日の摂取量の目安は約2.3L。

食事などから摂取する分を抜き、飲み物で摂るべき量は約1.5L/日。

カロリーゼロだからと必要以上に飲むと、体内の塩分濃度が低下し、カラダの不調やむくみの原因になる。

一度にたくさん飲むのではなく、コップ1杯程度の水を1日6〜8回に分けて飲むのが理想だ。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます