「歯列矯正」の種類と費用(2017.12.10)

透明に近いマウスピース装置(アライナー)による矯正歯科装置を提供するアライン・テクノロジー・ジャパンは、「美容にかかる費用の比較調査」を実施した。(http://www.hanarabi-smile.jp/special/sns-research5.html

main

調査では、20~60代で東京在住の女性500名を対象に、「美容院」や「エクササイズ・ジム」など、1カ月にかかる美容関連の費用を探った。

また、調査結果をもとに、1カ月あたりの美容にかかる費用と「歯列矯正」にかかる費用を比較。

【「美容にかかる費用の比較調査」 結果】

調査では、1カ月の美容にかかる費用について聞いたところ、各項目の平均値は「美容院」で6,063円、「エステ・マッサージ」で8,027円、「エクササイズ・ジム」で8,234円であった。

20年換算すると、「美容院」で145万円、「エステ・マッサージ」で192万円、「エクササイズ・ジム」で196万円という結果に。

それに対し、「歯列矯正」の治療費は一般的に約100万円(※)かかるが、20年換算すると100万円、1カ月換算した場合の費用は4,166円に。

20年換算すると、「歯列矯正」よりも日々の美容にかかる費用のほうが高くなることが分かり、「歯列矯正」の生涯価値の高さが伺える。

ちなみに、「毎日のカフェ」は1カ月の平均値が8,000円、20年換算すると192万円で、積み重ねると「歯列矯正」よりも金額が高くなることが分かった。

※歯列矯正の費用についての詳細は、次項を。

sub1

【歯列矯正について】

歯列矯正の種類

sub2

歯列矯正には、複数種類があり、主なものとしては「金属ブラケット矯正」「審美ブラケット矯正」「裏側矯正」「マウスピース矯正」などがあげられる。

それぞれメリットやデメリットがあるが、「マウスピース矯正」は、透明に近く周囲の人から気付かれにくいのはもちろん、簡単に取り外しができる点が特徴だ。

また、段階的に歯を動かしながら歯並びを矯正するため痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配が少ないと言われている。

治療期間や費用
症状により異なりますが、治療期間の目安は1年~2年と言われており、矯正方法が異なったとしても、治療期間はほとんど変わらないと矯正歯科医より報告されている。

また、費用について、歯列矯正は特殊な場合を除き保険が適用されておらず、金額は様々。

アライン・テクノロジー・ジャパンが2013年に実施した『「よい歯の日」矯正歯科治療・患者意識調査』によると、実際にかかった治療費について、「50万円未満」が43%、「50~100万円」が34%となっており一概には言えないが、今回は100万円を目安に比較を実施した。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます