装着したままでも瞬きができる立体型アイマスク(2017.12.24)

枕をはじめとする寝具・睡眠グッズの企画開発、及びインターネット販売を行っている、まくら株式会社は、装着したままでも瞬きができる立体型アイマスク、「iSleep 3D EYE MASK」を発売した。

main

■「遮光性×開放感」を実現した立体型アイマスク

従来のアイマスクは、顔にぴったりと密着させることで遮光性を高めていたが、その遮光性と引き換えに眼球への圧迫感も強くなってしまうため、付けているときに窮屈さを感じるデメリットがあった。

そこで、この問題を解決するために開発されたのが、i-Sleepの「3D EYE MASK」だ。

sub1

目元部分をドーム状の立体構造にすることにより、まぶたとアイマスクとの間に空間をつくり出し、顔にぴったりフィットする遮光性の高さと、装着したままでも瞬きができるほどの開放感を実現した

sub2

アイメイクやマツエクをしている女性の方にもおすすめだ。

■肌に馴染む、なめらかな質感

sub3

長時間の装着でも快適に眠れるよう、滑らかで肌触りの良い素材を採用している。

sub4

クッション性にも優れており、低反発のような柔らかさとフワフワした感触が、心地よい眠りをサポート。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます