• TOP
  • パナソニック
  • 正月太り対策の心強い味方!座ってバランスをとるだけで体幹トレーニングができるチェアを試してみた【PR】

正月太り対策の心強い味方!座ってバランスをとるだけで体幹トレーニングができるチェアを試してみた【PR】(2018.01.10)PR

それでは、ここからはコアトレチェアの機能をおさらいしていこう。

パナソニック
『コアトレチェア EU-JC70』
_32A3680
オープン価格
本体寸法/背もたれを完全に起こした状態:約高さ約880×幅700×奥行き860mm。背もたれを完全に倒した状態/約高さ740×幅700×奥行き950mm。約50kg。
適応体重/約100kg以下
自動コース/トレーニングコース6種類 ストレッチコース1種類
速度調節/自動コース 5段階、お好み9段階
本体カラー/-R(レッド:写真)、-T(ブラウン)

「コアトレチェア」の特徴は座ってバランスをとるだけで手軽に体幹を鍛えることができること。動画でもご覧いただいたように、座面がVの字形に揺れ、揺らされる身体を反射的に支えようとする力でトレーニングが行なえるのだ。

「座面のV字運動で体が揺れる」→「体が反射的にバランスを取る」→「体幹の筋肉に負担がかかり鍛えられる」という理論だ。

しかもトレーニング中に座面は揺れるだけではなく、エアーの力で自動的に変形する。これにより通常のソファと同じ平らな状態で「座ってコアトレ」、座面が馬の鞍型に盛り上がった状態で「またいでコアトレ」の2種類のトレーニングを実現。

このように「コアトレチェア」は、座面の2形状と5段階の本体傾斜を掛け合わせた全10パターンの形態と、9段階のスピード変速を組み合わせた、多彩なトレーニングプログラムを搭載しているのだ。

_32A3681

コースや「強・弱」の選択は右ひじかけ部分に内蔵された操作パネルで行なう。表示はわかりやすく、直感的な操作が可能。

「コアトレチェア」には鍛えたい部位に合わせた3つの自動コースが設定されており、トレーニング初心者にも始めやすい。しかも、それぞれに「強・弱」コースを用意。「全身コアトレ」コースであれば、強コースには弱コースにはない「両足を揃えて前に上げる」といったメニューが加えられているので、自分の目的やレベルに即したトレーニングが行なえる。

自動コースは他に〝ぽっこり下腹〟対策として「おなか・ウエスト」コース、骨盤底筋を引き締める「下膜・骨盤底筋」コースを備える。

さらにトレーニング後はもちろん、仕事で疲れた日にも最適な「ストレッチコース」も備える。これは腰、骨盤、シートの4個のエアーアバッグが連動して、疲れの溜まりやすい腰や骨盤周囲を、じっくり伸ばしてくれるコース。

トレーニング前に行えば、筋肉が適度に伸ばされ、トレーニング効果の向上が期待できるという。

このように自力では困難とされる体幹トレーニングを手軽に行なえるうえ、トレーニング時以外はリビングチェアとしても使えるように、インテリアと溶け込むデザインを採用。身近な存在であるからこそ無理なく、手軽に続けられる。「コアトレチェア」は、そんなこれまでなかった、新感覚のトレーニング家電だ。

撮影/製品:久保田育男(owl)、動画:岩田安史(owl)

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます