お腹まわりを引き締めるハトのポーズ【オトコのヨガ講座】(2017.12.30)

■ハトのポーズKapotasana

難易度 ★★★★ ちょっと難しいかな?

【効果】

・お腹周りの引き締め
・内蔵機能を調整
・冷え性改善

股関節、腰、胸、肩関節など様々な柔軟性を要するポーズ。

CMなどでもおなじみのヨガを代表するポーズの1つ。

■STEP1

床に四つん這いになる。右足を持ち上げ膝が右手の後ろ、かかとは左膝の前に来るよう床に下ろす。

■STEP2

そのまま、ずるずるっと左足を後ろに下げ、太腿の前が床に着いたら、息を吸いながら上体を起こして伸ばす。

(きつければここでキープします。毎日ちょっとずつ前に進みましょう!)

■STEP3

息を吐きながら左の膝を曲げつま先を左肘に引っ掛けぐーっと自身の方へ引き寄せる。

(ここでキープでもOK!

■STEP4

行けそうなら右手を頭上から回して曲げて左手をつかんで背筋を伸ばしてキープ。

目線は肘の先を見るイメージ。

_MG_14643

■STEP5

息を吐きながらゆっくり組んでいる手を解放し、足を下ろしたら四つん這いに戻り反対側も同様に行う。

【ヨガのこばなし】

カポタナーサナ(ハトのポーズ)は身体の柔軟性が必要な難易度の高いポーズです。

ですので初めはできなくて当然。プロップを使用したり、行程の途中でキープに入っても大丈夫!

逆に無理に行うと身体を痛めてしまいます。

ヨガはポーズを完成系に近づけるのが目的ではなく、今の自分の状態を知り自分自身に向き合うことが大切です。

昨日できたことが今日はできないなんてこともあります。

そういう些細な変化に気付き原因を考えてみるのもヨガのひとつ。

また、苦手なポーズも他のポーズに取り組むことで自然と柔軟性や体幹が身につきいつの間にかできるようになってたということもあります。

挑戦することは大切ですが、執着を手放すというのもヨガの教えの一つ。

あせらずゆっくり取り組み、心と体が喜ぶヨガを楽しみましょう。

文・モデル/國本さくら 撮影/野口 佳那子(owl)

_MG_1736

元モデルの経験を生かし、男女ともに綺麗に見られる体づくりを提案する美容ライター。ヨガインストラクターの資格も持っており、日常に取り入れられるヨガポーズをわかりやすく解説してくれる。

配信サイト:「Men’s Beauty」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます