やっぱり優れもの!「麹(こうじ)」を使ったダイエットのススメ(2018.01.05)

2f9c384f0b14c8e9cee239a47cba8c39_s

一時期、塩麹ブームが巻き起こり話題になった「麹(こうじ)」。

麹とは、米や麦、大豆などに麹菌を繁殖させて発酵させたものを指す。

とはいえ、塩麹ブームの波が来ても、忙しく働くビジネスパーソンにとっては、調理する手間がかかるところから、とっつきにくいところがあったかもしれない。

そこで麹のダイエット効果を確認しながら、ビジネスパーソンに役立つコンビニ食や手軽に作ることのできるレシピなど、麹食品の食べ方を紹介したい。

■麹(こうじ)の効果を再確認!

9a83a46facbabdfa369f1b944d17d7b0_s

「麹」というとあまりなじみがないが、米麹や豆麹などは、味噌や醤油、酒などで毎日食しているもの。

日本人にとって、麹は非常に身近な存在なのである。

麹には酵素がたっぷり含まれているのが一番の特徴だ。

しかも麹の酵素はでんぷん、たんぱく質、脂肪などを分解する力が強いという。

人間の体内に麹の酵素が取り入れられると、まず腸内において食べ物の消化がされやすくなる。

また、麹を使った発酵食品に含まれる麹菌が作り出す酵素「アミラーゼ」は、でんぷんを分解することによってオリゴ糖を作り出し、腸内環境を整えてくれるのだ。

腸内環境の善し悪しは、腸内細菌のバランスが整っているかどうかで決まってくる。

善玉菌や悪玉菌、日和見菌などの調和が取れていれば良好だ。

腸内環境が悪化すると便秘になったり、痩せにくくなったりする。

腸の詰まりはダイエットの妨げになるのだ。よって麹は腸内環境を良くする効果があるため、間接的にダイエットに役立つというわけだ。

塩麹に甘酒…そのダイエット効果は?

痩せ効果は?塩麹・甘酒…麹ダイエットを実践するコツ

麹菌が含まれる塩麹や甘酒などを摂取すれば、すなわち「痩せる」というわけではない。

腸内環境が整い、便秘が解消されるなどして、身体の代謝がアップするなど総合的な健康効果の中で、痩せやすい体質が手に入ると思ったほうが良いだろう。

一時期、「塩麹きのこダイエット」が話題になったが、これは、きのこに含まれる痩せ効果を塩麹がより一層引き出してくれるところからきている。

また、甘酒についても、米麹の腸内環境を整える効果は見込めるものの、麹がもつ独特の甘みで砂糖を入れずに飲むことができる点や、飲みごたえがあるところがダイエットに有効だといわれている。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます