目元老化の原因と予防法(2018.01.13)

久しぶりに会った友人に「老けた」と思われたくない方必見!

今回は、顔の印象を決める「目元」の老化についてお伝えしたい。

ドクターシーラボは、シロノクリニック恵比寿院 副院長 中川桂先生に「目元老化」に関する取材を行なった。(調査概要:Webアンケート / 2017年12月12日~14日 / 30歳~49歳 男女361名)

◆年々小さくなる目元にストップ!

ドクターシーラボの行ったアンケート調査によると、「顔の印象を決定している最も重要なパーツは “目”」と感じている人は全体の7割にも上った。

しかし、一方で昔と比較して、「クマが目立つ」、「シワが増えた」、「まぶたが垂れた」など、多くの人が辛い現実に直面している様子。

sub2

そこでドクターシーラボでは、目元老化の原因とその対処法について、ドクターに伺った。

今回話を伺ったのは、シロノクリニック恵比寿院 副院長 中川 桂 先生。

sub1

■加齢によっておこる目元の変化とは?

Q,目元のくすみやクマ、シワだけでなく、昔と比べると「目が小さくなった」と感じている方も多いのでは?加齢によって現れる目元の変化を教えてください。

sub3

中川副院長 「年齢とともに、眼球が入っているくぼみ部分、“眼窩(がんか)”の骨吸収が進みます。

すると、上まぶたがくぼんだり垂れてくるなどの変化が現れます。

また、目の周りを覆っている眼輪筋の筋力が低下することで、目の下の眼窩脂肪が前方に押し出され、膨らみとなってぽっこりと出てきます。

さらに、コラーゲン産生不足により目周りの小ジワも目立つようになり見た目の目元印象を変えてしまいます。」

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます