「食べ過ぎたかも!」と思った時の速攻リセット方法(2018.01.11)

「食べ過ぎたかも!」と思った時の速攻リセット方法

image001
Photo/photo AC

冬季休暇中は、食べ過ぎとダラダラと過ごす時間が多くて体重が増えがちで、実際に男性は正月休み明けが1年で一番太るというデータもあるくらい。

そこで後悔しないためにも、食べ過ぎた後にできるリカバリ方法を知っておきましょう。

◆翌日は「規則正しく三食」はしない

image003
Photo/photo AC

健康維持のための「規則正しく三食」は、食べ過ぎた翌日ばかりは一旦忘れましょう。

前日のカロリーオーバーをリセットするには、翌日のカロリーを控えて調整するのが一番の近道。

理屈で考えても、いつもの通りしっかり三食を食べると前日の食べ過ぎた分がエネルギーとしてほとんど消費されずに蓄積され、太りやすくなるのは当然のことです。

ならば翌朝はスープやトマトジュースなど胃に負担をかけないものを、昼と夜の食事は軽めにして総カロリー量を減らすべき。

栄養のバランスを考えると、暴飲暴食とこのような粗食を日常的に繰り返すことはおすすめできませんが、一時的なことであれば問題ないはずです。

もちろん運動も良いのですが、時間のない忙しい人であればカロリーを控えて代謝でエネルギーを消費させる方が手っ取り早いと言えるでしょう。

◆体脂肪になるまでの48時間が重要

image005
Photo/geralt

余分にとってしまった栄養分は48時間で体脂肪になると言われています。

つまり、食べ過ぎた日から2日以内にカロリーを消費すると太りにくいということ。

一度体脂肪がついてしまうと、食事制限だけでなく運動までしなくては痩せるにはかなりの努力が必要になります。

そうなる前に、やはり食べ過ぎた日の翌日は摂取カロリーの調整を意識しましょう。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます