「結婚ができない」3つの理由(2018.02.02)

Facebookを活用し男女の出会いをサポートする恋愛マッチングサービス「Omiai」は、 同サービスユーザーの男女約4,300人を対象に、「平成25年版厚生労働白書」と同じ項目についてアンケート調査を実施し、 最新のデータを元にその結果を比較・分析した。

TAKEBE160224310I9A0467_TP_V4

■本調査の方法・目的・背景について

本調査は、 「平成25年版厚生労働白書」の中の、 第2章「多様化するライフコース」・第2節「結婚に関する意識」と同じ項目で、 「Omiai」ユーザーに対し独自調査を実施したものだ。

「平成25年版厚生労働白書」にて発表された傾向と、 今回「Omiai」がユーザーを対象に実施した結果を比較することによって、 マッチングアプリを使う人の特徴を炙り出すことを目的としている。

そして、 そこで見えてきた特徴から、 恋活・婚活を今現在行っている人が必要とすることを明らかにするとともに、 サービス提供に活かしていきたいと考え実施に至った。

尚、 本記事内では「平成25年版厚生労働白書」が参照した国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」データの最新(2015年)の数値を使用し、 比較している。

【独自調査概要】
・調査対象 :「Omiai」を利用しているユーザー男女
・調査地域 :全国
・有効回答数:男女4,315人
・調査期間 :2017年9月22日~9月29日

【「平成25年版厚生労働白書」 第2章「多様化するライフコース」・第2節「結婚に関する意識」】
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/13/dl/1-02-2.pdf

■世の中は結婚したい人であふれている。

「平成25年版厚生労働白書」内にて言及されている、 国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」において、「いずれ結婚するつもり」という結婚意向を持つ男女はそれぞれ9割近くおり、 「Omiai」ユーザーにおいてはそれをさらに上回る数値に至っている。

「Omiai」を使用しているユーザーのほとんどが結婚をしたいと考えていることが分かった。

sub4

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます