• TOP
  • ファッション
  • 宇宙ブーツにも採用!リーボック独自テクノロジーを搭載したランシューズ

宇宙ブーツにも採用!リーボック独自テクノロジーを搭載したランシューズ(2018.02.04)

宇宙用ブーツにも採用されるリーボックのテクノロジー
軽量・クッション性・反発性を実現した「フロートライドフォーム」搭載
2018年春夏ランニングモデルを2月2日(金)より発売

スクリーンショット 2018-02-02 15.25.16

グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボックは、軽量ながら、クッション性、反発性を両立させた、リーボック独自開発のクッショニング素材「FLOATRIDE FORM(フロートライドフォーム)」を採用したランニングシューズを2018年春夏シーズンより豊富なラインアップで展開する。

スクリーンショット 2018-02-02 15.25.28

リーボックが独自に開発したフォーム材「フロートライドフォーム」は、極めて軽量なスペースブーツ「The Reebok FLOATRIDE SPACE BOOT SB-01(ザ リーボック フロートライド スぺース ブーツSB-01)」を開発する過程で、さまざまな障害に対しての解決策を追求していく中で誕生した。

そのフォーム材をランニングシューズに応用し、2017年に誕生したのが、長距離専用シューズ「FLOATRIDE(フロートライド)」。

「フロートライド」は、軽量ながらもクッション性と反発性の両立を実現し、多くのランナーから支持を集め、世界的に権威あるランニング雑誌「Runner’s World Magazine」において「2017 BestDebut賞」も獲得した。

2018年春夏シーズンは、4月6日(金)より、メンズ、ウィメンズ各2カラーの展開で発売。

また、フロートライドフォームによる長距離用シューズとしての機能はそのままに、価格を抑えた「FLOATRIDE RS ULTK(フロートライド RS ウルトラニット)」も同時発売する。

3月末からは、リーボックがサポートをするランニングステーション「MARUNOUCHI BIKE&RUN」にて、フロートライドフォームを採用したこれらの2モデル(フロートライド/フロートライド RS ウルトラニット)を無料で体験できるシューズレンタルキャンペーンも実施予定。

さらに、2018年春夏シーズンでは、最新テクノロジー「フロートライドフォーム」に、デザイン性、ファッション性を融合させた新しいカジュアルシューズモデルも登場。

フロートライドフォームによるクッション性に、リーボックが誇るレトロランニングシューズ「GL 6000」のデザインを踏襲した、カジュアル、ファッション用途の「FLOATRIDE 6000(フロートライド 6000)」モデルを2月2日(金)よりリーボックの直営店舗限定で先行発売する。

FLOATRIDE FORM(フロートライドフォーム)とは?

スクリーンショット 2018-02-02 15.25.58

リーボック独自開発のミッドソール「フロートライドフォーム」は、発泡してできたセルの個々の大きさが均一になるように、フォーム材の配合を工夫することで、クッション性と反発性を両立したフォーム材。

さらに、EVAフォームの重量のおよそ半分となる軽量性も実現した。

《開発者インタビュー》

001

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます