• TOP
  • パナソニック
  • 花粉の季節到来!コートに付いた花粉に効果的なアイテムがあるって知ってた?

花粉の季節到来!コートに付いた花粉に効果的なアイテムがあるって知ってた?(2018.02.13)

暦の上では2月4日の「立春」を過ぎ、18日には二十四節季の「雨水(うすい)」を迎える。これは〝雪が雨に変わり、氷は溶けて水になる〟という時期を示したもの。実際には、依然として厳しい寒さが続くが、季節は日々春に向かっているということか。ただし、春の訪れは、新たな厄介者の出現も意味している。今さら説明不要、スギ、ヒノキなどの花粉の飛散である。

ちなみに全国の耳鼻咽喉科医とその家族を対象とした2008年(1月~4月)の鼻アレルギーの全国疫学調査によれば、アレルギー性鼻炎全体の有病率は39. 4%。花粉症全体の有病率は29. 8%、そしてスギ花粉症の有病率は26. 5%だった(「環境省 花粉症環境保健マニュアル2014」より)。

同様の調査が1998年にも実施されており、そのデータと比較すると、スギ花粉症の有病率は10年間でおよそ10%増加していたという。もし同じような増加傾向にあれば、今年は2018年。スギ花粉症の有病率は単純計算で36. 5%で、国民の3人に1人以上の有病率となる。

_BAR3558 のコピー

しかも日本気象協会の花粉飛散予測によれば、東北は前シーズンの2倍超え、関東甲信、四国は同約1.5倍も飛散するという。時期的には福岡で2月下旬からピークを迎え、そして同協会では東京のスギ花粉のピーク期間は3月上旬から4月上旬までの約1か月と長期間にわたると予測している。花粉症の人は医師の診断に加え、鼻炎薬や目薬、マスクやメガネなどの対策グッズなど早めに準備を整えたいものだ。

そんな対策グッズのひとつとしてメンズビューティー的に注目しているのが、パナソニックの『衣類スチーマー NI-FS530』。シャツやジャケットをハンガーにかけたまま、素早くシワ取りができるという、今やビジネスマンの必携身だしなみグッズのひとつだ。

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS530

Bar110966

オープン価格
本体サイズ/幅70×高さ150×長さ150mm、700g
スチーム方式/連続パワフルスチーム、ワイド360°スチーム
注水量/約50 mL
アイロン面/セラミックコート(フラット形状)
自動ヒーターオフ/搭載

NI-FS530-1

NI-FS530は毎分平均約11gのスチーム発生能力を有しており、ハンドル部のスチーム発生ボタンを押している間は最長約4分にわたり、スチームが出続ける「連続パワフルスチーム」機能も搭載している。このスチーム力を使い、本体のアイロン面をコートやジャケットに密着させて使用することで、花粉はもちろん、ダニ由来のアレル物質抑制効果も発揮するのだ(※)。

Bar111093

花粉の季節に衣類には静電気や繊維の間に入り込むことで、多くの花粉が付着。これが家に持ち込まれる花粉となり、その量は1時間の換気で窓から侵入する花粉の、なんと6倍にも達するという。
(LION「Lidea くらしのアイデア」より)

家に持ち込まれる花粉が減少すれば、快適な睡眠など心身のストレス解消も期待できる。それだけに帰宅してからの衣類スチーマーによるケアは大切になるはずだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます