疲労回復をサポートする部屋着の機能(2018.02.10)

日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心と体に悪影響をおよぼす「睡眠負債」に注目が集まっている。また、日本リカバリー協会の調査によると、多くの方が日々の休養や睡眠の時間が足りていないと感じており、「リカバリー(疲労回復)」についての感心が高まっているのだ。

DSCN6079

このような現状を受け、リカバリーウェアを製造販売しているベネクスでは、現在展開しているリカバリーウェア商品をさらに拡充していくとのこと。そこで先日、ベネクスが2018年度に展開していく戦略商品についての発表会を行ったので紹介していこう。

■恋人や車より「休み」を求める、疲労大国日本

「私が、代表をしております日本リカバリー協会でアンケート調査を行い、十分に休養がとれていますかという質問をしたところ、とれていると回答された方はわずか10人に1人でした。ほとんどの方が十分に休養をとれておらず、恋人や家よりも休みを求めているのが日本の現状なのです」。こう話を切り出したのはベネクスの代表取締役 中村太一氏だ。

名称未設定 1

ベネクスはまずジムを中心に事業の展開を開始し、アスリートの口コミによって支持を集めていった。そして、同社のリカバリーウェアを使っているアスリートが寝巻き代わりにウェアを使用した所、寝付きや寝起きが良くなったと評判になったのだ。

DSCN6036

そこで、同社ではさらなるリカバリー機能に加え、よりオシャレでファッション性を兼ね備えたリカバリーウェアの開発をすることに。「ライフスタイルに溶け込むカジュアルテイストな品揃えを強化していきます」と中村氏は今後の事業展開について語った。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます