花粉症対策に役立つ身近な食材3選(2018.02.11)

調査会社のインテージによる最近のアンケート調査(『「みんなの花粉症対策」市場調査』)によると、花粉症患者のうち、花粉症対策として何らかの食材やサプリメントを摂取した人の割合は6割おり、効果が感じられたものベスト3は、「ヨーグルト(の乳酸菌・ビフィズス菌)」、「プロポリス」、「乳酸菌(飲料・サプリ)」となっている。

名称未設定
(出典:インテージ 「みんなの花粉症対策」2016年12月26日~28日)

整腸作用により免疫力を正常化してアレルギー反応を抑える乳酸菌・ビフィズス菌や、抗炎症作用の強いプロポリスについては、よく知られているが、グラフを見てのとおり、玉ねぎやレンコンといった、スーパーで簡単に手に入る食材も人気がある。

今回の記事では、そういったふだんの食材の人気の理由について解説したい。

●玉ねぎ

onion-647525_640

玉ねぎに含まれるポリフェノールの一種であるケルセチンや、加熱時に生成されるメラノイジンという成分が、アレルギーの一因となる体内の活性酸素の発生を抑制する働きがある。

また、玉ねぎには、大腸内のビフィズス菌などの善玉菌のエサとなるフラクトオリゴ糖も含まれており、摂取することによって善玉菌を増やし、免疫機能を正常化が期待できる。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます