瞬時に男前になれる!新感覚の男性用着物「TMONO」とは?(2018.02.15)

「瞬時に男前」になれる! 新感覚の男性用着物『TMONO』

現代の男性にとって「着物」は、あまりなじみのない存在だろう。

「成人式で着たきり」という人が大半かもしれないが、花見や花火大会で着物姿の若い男性を目にする機会も増え、普段とは違うカッコよさを演出するオシャレアイテムとして、再評価されつつあるのも確か。

一方で、「どうやって着たらよいか分からない。なんか面倒くさそう」というイメージがあるのも事実。

価格帯も、ちょっと良いものだと10万円近くする。

さて、どうしたものか。

そうした「面倒」、「高価」という着物にまつわる印象を払しょくし、なおかつカッコよさを追求した、着物ならぬ『TMONO』(ティモノ)なる衣服が、クラウドファンディングのMakuakeで展開されている。

公開早々、目標額を達成するほどの人気を呼んでいるが、どのような製品なのだろうか。

『TMONO』プロジェクト実行者の鈴木さんは、アパレル業界で約30年にわたり商品企画に携わってきたベテランだ。

今回のMakuakeでの展開は、認知度を向上させるためのプロモーションの一環となる。

『TMONO』のアイデアは、鈴木さんが家族で花火大会に出かけてきた際、息子さんからの「どうして、浴衣や着物は日本人に似合うのに、着るのが大変でオシャレじゃないの?」という問いかけが発端になっている。

ふだん着の洋服のように簡単なら着ると、息子さんから言われて潜在ニーズを感じ、社内事業が発足。1年半の試行錯誤の末、商品化へとこぎつけた。

1
『TMONO』はぱっと見、黒地の浴衣の印象

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます