マッキントッシュが提案する「スニーカー通勤」コーデ集(2018.02.24)

「マッキントッシュ ロンドン」など4ブランドでは、スポーツ庁が3月から「歩く」を入口に国民の健康増進を目指すことを目的としたスニーカー通勤を推奨するプロジェクト「FUN+WALK PROJECT」がスタートすることに伴い、スニーカーにもコーディネートしやすく、歩くことを楽しく快適にする機能性とファッション性を両立したウエアなどを全国百貨店・直営店や同社直営オンラインストアの「サンヨー・アイストア」にて販売を開始し、様々なビジネスパーソンに応じたスニーカー通勤を応援している。

sub9

「FUN+WALK PROJECT」が3月よりスタート

main
▲2018年春夏シーズン登場の 紳士服「マッキントッシュ ロンドン」 ニュー ブリッジ フレックスジャージー ジャケット&トラウザーズ

昨年10月、スポーツ庁は「歩きやすい服装」での通勤を推奨する「FUN+WALK PROJECT」を発表した。スポーツ庁の調査によると、成人の週一回以上のスポーツ実施率は、42.5%(平成28年度)、平成24年度の47.5%をピークに低下している。

また、働き盛りの30、40歳代は、約80%が運動不足を自覚。スポーツに充てる時間がない働く世代に運動する習慣を広げるため、同庁は「歩く」を入口に国民の健康増進を目的としたスニーカー通勤を推奨する当プロジェクトを3月よりスタートする。

~ 歩くことを楽しく快適にするスタイリングを提案 ~
そのような背景から、紳士服「マッキントッシュ ロンドン」では、同ブランドを代表するスーツ&ジャケットのスタンダードモデル「ニュー ブリッジ」からジャージー素材を用いながらもオンオフ兼用のスタイルを可能とした「ニュー ブリッジ フレックスジャージー」が登場。

紳士服「マッキントッシュ フィロソフィー」は、ビジネスを意識したブランドの顔である「トロッター」シリーズを軸に、よりリラックス感・カジュアル感を加えた「イージードレッシング」シリーズから適度なハリ感が特徴のポンチ素材を使用したジャケット&トラウザーズを発売。

また、アクティブなスポーティーさをプラスした「ブリテック」シリーズからストレッチ性とシャープなシルエットを実現する二重構造素材を使用したジャケットを開発。意匠性のある素材開発が得意な「エポカ ウォモ」は、極細のストライプ柄を使用することで、表面感を持つ素材に仕上げたタイプや、メランジニットの柄をプリントした清涼感ある合繊素材のジャケット&パンツを展開し、スニーカーとの相性もよい軽快なスタイリングを提案する。

婦人服「マッキントッシュ フィロソフィー」は、レディスファッションのスタイリングアイテムとして定着しつつあるスニーカーへの提案として、取り外し可能なストライプ柄のシューリボンを合わせるなど、シンプルの中にも遊びのきいたデザインに仕上げ、春カラーのウエアとのコーディネートでフェミニンなスタイングを表現した。

同社が展開する4ブランドでは、スニーカーにもコーディネートしやすく、歩くことを楽しく快適にする機能性とファッション性を両立したウエアなどを全国百貨店・直営店や同社直営オンラインストアの「サンヨー・アイストア」にて順次販売を開始し、様々なビジネスパーソンに応じたスニーカー通勤を応援する。

1 2 3 4 5
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます