• TOP
  • ヘルスケア
  • 「金柑(きんかん)」に秘められた3つの美容・健康効果

「金柑(きんかん)」に秘められた3つの美容・健康効果(2018.03.05)

bf91cd34267936b9738ffaf4432738b8_s

のど飴や甘露煮でおなじみの、小さくかわいらしい金柑(きんかん)は1~3月頃が旬。

金柑は、風邪予防やのどの痛みに有効なことで知られており、ちょうど風邪が流行るこの時期に旬を迎える。

ほのかな苦みと爽やかな酸味と甘さが特徴で、生で皮ごと食べられるので栄養素を余すことなく摂取することが可能。

その栄養価は「天然のサプリ」とも言えるほど高く、昔から民間療法でも用いられてきた薬効の高い食品だ。

そんな金柑が持つ3つの美容・健康効果をサニーヘルスのmicrodiet.netがレポートしているので紹介しよう。

1.ビタミンCたっぷり!のどケア、風邪予防、美肌に効果あり

美肌に風邪予防に抗ストレスにと大活躍のビタミンCは、100gあたり49mgもの量が含まれており、これはレモン果汁に匹敵する含有量。

ビタミンCはコラーゲンを生成するのに欠かせない栄養素で抗酸化作用もあるので、エイジングケアには必須!

img_149950_2

また、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きや免疫力を高める作用のあるβカロチンも含まれるため、のどや鼻粘膜のケアに役立ち、風邪予防や症状の改善にも効果的。

若返りのビタミンEや、果物のなかでは珍しくカルシウムも多く含まれている。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます