• TOP
  • ファッション
  • 男前度がアップする!ミニマムにこだわったウォレット・カードケース5選

男前度がアップする!ミニマムにこだわったウォレット・カードケース5選(2018.03.10)

男前度がアップする ミニマムにこだわったウォレット・カードケース5選

002

「ミニマリスト」のライフスタイルが注目されたのと軌を一にして、ミニマム、スリム、コンパクトを目指したウォレット(財布)やカードケースがトレンドとなり、各メーカーは競ってそうした製品を生み出している。

中には男前度をアップさせるカッコよいものもある。

今回は、その中から5品をピックアップして紹介したい。

『Bellroy Note Sleeve Wallet』(Bellroy

1

Bellroy(ベルロイ)は豪州の皮革製品メーカーで、「スリムに持ち運べる」をコンセプトとした製品を多数擁している。

従来の財布は、カードを入れるスロットを全て革で区切るため分厚くなる。

そこで、区切り部分の革をなくすという革新的な設計で、スリムさを実現。

ラインナップの中でも不動の人気を誇るのが、二つ折り財布の『Bellroy Note Sleeve Wallet』(12,204~12,960円)である。

紙幣は折り畳まずに入れられ、カードは11枚収納できるほか、小銭入れポケットも付いている。

最大限にカードを収めても、通常の財布のようにパンパンにふくらまず、スリムなシルエットが保たれるのがうれしい。

『DEEKS』(VARIAS.

2

「財布を持たずにドライブへ」をコンセプトに開発された、スマートキーケース。

通常のスマートキーケースは、スマートキー1本と自宅の鍵を収納できるだけの仕様がほとんどだが、こちらはスマートキーを2本、普通の鍵を4本、カードを最大8枚収納できる。

スマートキーの収納部は小銭入れとしても使え、カードの収納部には紙幣を入れることができるので、コンパクトな財布として持ち歩きできる。小売価格は11,000円。

『HITOE Long Wallet』(SYRINX

3

財布が厚ぼったくなるのは、収納したカードや硬貨が重なってしまうからという点に着目。収納物が互いに重ならない「単(ひとえ)構造」にすることで、スリムさを実現したのが、このウォレット。

結構な分量の紙幣、カード、硬貨、鍵を収納しても厚みは13mm程度と薄く、これにスマホを加えて、やっと市販の一般的な財布と同程度の厚みになる。

これほどスリム化をはかっても、素材の革自体はしっかりとした耐久性を保持できる厚みはある。

2018年3月中旬まで、大手クラウドファンディングサイトのMakuakeで早割価格で入手できる。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます