忙しい人のためのおしゃれなプロテインは従来品とどう違うのか(2018.03.13)

『BE MULTI』は、さほど甘くないバニラ味のスイーツを思い起こさせる味で、後味が引かないおいしさがある。

一方、『BE NATURAL』は、若干の甘味を加えたココアの風味がダイレクトに伝わってくる自然な味わい。

豆乳で割るか水で割るかで比較すると、水の方がすっきりした飲み心地で、暑い季節にはこちらの方がおすすめ。

寒い季節は、冷たすぎない豆乳で飲んだほうがベターと感じる。

筆者は、ドラッグストアの特売につられ、有名メーカーの1kgのプロテインパウダーを購入したものの、いかにも人工的な味にだんだん嫌気がさして、半分ぐらいでやめてしまった経験がある。

『BE MULTI』と『BE NATURAL』の風味には、そうした「作りこまれた」ところはなく、味にうるさい人でも長く続けられそうだ。

気になる成分についてだが、『BE MULTI』は30gあたりのたんぱく質(ホエイWPIなど乳たんぱく)の含有量は22.5g、『BE NATURAL』は21gと、有名メーカーの製品に比べ遜色はない。

また、『BE MULTI』は30gあたり、BCAAは5,000mg、(筋肉合成に有用な)HMB-Caは500mg含有され、『BE NATURAL』については、11種類のビタミンが1日に必要な量の1/2、鉄と亜鉛は1/3含まれている。

今までのプロテインパウダーのパッケージは、シルバーやゴールドを多用したキラキラ色が典型だが、『BE MULTI』と『BE NATURAL』は、あえて地味におさえている。

開発者によれば、これは「デザイン面での新しさや質の高さを追求」した結果で、例えばオフィスの机に置いてもしっくり溶け込み違和感がない。

300gというやや小ぶりなパッケージサイズも、どこに置いても邪魔にならず、持ち運びも容易となる大きさを突き詰めて決まったという。

こうしたこだわりは、「忙しい人達の為の新しいプロテイン」という開発コンセプトから出たもので、既存のプロテインパウダーとの差別化の要点になっている。

両製品は、3月末までクラウドファンディングMakuakeにてサポーターを募集中で、こちらから申し込めば割引価格で購入できる。

プロテインパウダーの切り替えを考えている人、これからプロテインパウダーを始めたいと思っている人は、検討してみてはいかがだろう。

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

記事提供:「Men’s Beauty(メンズビューティー)」(小学館)
Men’s Beauty」は、男前を目指す男性のための身だしなみ強化書です。もっと、男、前へ。
beauty-men.jp/

SNSでも「Men’s Beauty」オリジナル記事を配信中!
公式Twitter
twitter.com/beauty_mens

公式Facebook
www.facebook.com/otokomaeproject/

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます