• TOP
  • ファッション
  • スタイリストが指南!ユニクロでオシャレを実現する必須アイテム

スタイリストが指南!ユニクロでオシャレを実現する必須アイテム(2018.03.22)

著名スタイリストが指南!ユニクロでオシャレを実現する必須アイテム

スクリーンショット 2018-03-19 20.32.25

何年も前に、「ユニバレ」という言葉がちょっとした流行語になった。

これは「ユニクロ」の服を着ているのが周囲に「バレる」ことを意味し、ユニクロを着るのはダサい、カッコ悪いというのが当時の常識であった。

しかし、今や時代は変わり、ユニクロは定番服を取り揃えるブランドの中では、最強ともいえるポジションを築き上げている。

極端な話、ほとんどユニクロ製品だけで、ある程度のオシャレを決めることも不可能ではない。

では、ユニクロで売っている製品ならなんでもよいかと言えば、そうではない。

「選び方を間違ってしまえば、まったく素敵には見えません。

実は大人の男性が持っておくべき服というのは、2割程度しかありません」と指摘するのは、スタイリストの大山旬さん。

書影

大山さんの著書『ユニクロ9割で超速おしゃれ』(大和書房)によれば、その2割のベーシックなアイテムを見極めるのが、ユニクロでオシャレになる最初のステップだという。

では、そのアイテムとは何か?

詳細は本書をご覧いただくとして、今回の記事では、大山さんが「必須アイテム」とすすめるものから、シャツとボトムスを2つずつ紹介しよう。

●『オックスフォードスリムフィットシャツ』

1

白のボタンダウンシャツのラインナップの中で、大山さんがチョイスしたのがこちら。

「シンプルなデザインなので退屈に見えますが、さまざまな着こなしの下地になるアイテムです。

オーソドックスで特徴がないだけに、サイズ感はムダなゆとりを省き、シャープに着こなしましょう」と大山さん。

また、第1ボタンは外し、(ボトムスにインせず)外出しで着用するのが、おじさんっぽさを回避するために必とも。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます