• TOP
  • パナソニック
  • 泡によるスキンケアシェービングを提案!注目の新型3枚刃ラムダッシュをガチレビュー

泡によるスキンケアシェービングを提案!注目の新型3枚刃ラムダッシュをガチレビュー(2018.03.30)

いよいよ来週からは4月。異動や転勤、転職など新しい年度を新しい環境で迎える人も多いことだろう。職場に新人を迎え、先輩として〝教育係〟を務めるというケースもあるのでは。そんな時期だからこそ、改めてチェックしておきたいのが「身だしなみ」だ。メンズビューティーでも繰り返し指摘してきたように、新年度のスタートということで、初対面の挨拶を交わす機会も増える。そこで相手に悪い印象を与えてしまうと、それを払拭するのは容易ならざることになってしまうからだ。同時に身だしなみを整えることは、気持ちをリセットして内面を充実させるという側面も持つ。

そんな中、編集部ではパナソニックのメンズシェーバー、「カミソリシェーバー ラムダッシュ」の新モデル「ES-ST8Q」が発売されるとの情報をキャッチ。「カミソリシェーバー ラムダッシュ」と言えば、泡を使ったお風呂剃りに対応した3枚刃シェーバーとして若い世代を中心に人気の高いモデルだ。

それが、今回はどのように進化を遂げたのか。さっそく同社でメンズシェーバーを担当する西帯野なぎささんにお話をうかがった。

パナソニック
カミソリシェーバー ラムダッシュ ES-ST8Q
Bar122614
オープン価格
本体寸法/高さ165×幅65×奥行き55mm、約155g
外刃/ステンレス刃物鋼3枚刃
内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃
リニアモーター駆動/約1万3000ストローク/分
主な機能/密着スイングヘッド、泡スルーヘッド、ヒゲ起こしフィン、スムースローラー、泡メイキングモード
5月1日発売予定

まず「ES-ST8Q」の特徴から教えてください。

西帯野 「ES-ST8Q」では新たに「ヒゲ起こしフィン」をヘッドに追加しました。これは「スムースローラー」の下にある、白い樹脂(エラストマー)製のパーツで、アゴ下などの、いわゆる〝寝たヒゲ〟を根元から起こすという役割を担います。
実際、〝寝たヒゲ〟は外刃がキャッチしにくく、いわゆる剃り残しとなってしまうため、お客様からも『アゴ下が気になる』というご意見をいただいております。これを改善するため、今回の搭載となりました。

Bar122652

何気なく採用されたようにも見えますが、その役目は重大ですね。

西帯野 まず形状からして直線がいいのか、それとも曲線かで議論がありました。また肌との摩擦を低減させるというスムースローラーの働きを妨げてもいけません。「ES-ST8Q」はウエットシェービング、泡を使ったシェービングが前提ですので、せっかくの泡を取り去らないような構造も必要になってきます。

具体的には、どのような部分に反映されているのでしょうか。

西帯野 形は単なる板状に見えますが、実は肌との接地部分が波状になっているのがおわかりいただけますか? これは先ほどお話させていただいたように、泡を肌に残しておくための意匠になります。
さらにスムースローラーとシンクロして上下に可動する機構も採用しています。この可動も容易ではなかったので、サイズ的には大きなものではありませんが、多方面の技術が集約されて搭載が実現した機能だと思います。

お風呂剃りシェーバーの先駆者ならではの機能も引き続き搭載されています。

西帯野 私たちの調査では、お客様は先ほどの剃り残しに匹敵するぐらいに、肌荒れを気になさっていることが判明しています。そこで「ES-ST8Q」では、ボディソープなどから手軽にシェービング用の泡が作れる「泡メイキングモード」や、その泡を肌に届きやすくする「泡スルーヘッド」などの機能も、もう一度お客様にお伝えしていきたいと考えています。

Bar122562

パナソニック
ビューティ・ヘルスケア商品課
西帯野(にしおびの)なぎさ さん

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます