「ユーカリ」に抗男性ホルモン作用を確認!育毛効果に期待!?(2018.03.30)

680ec71c400e12c7af2498bf82078a08_s

リーブ21は、2018年3月27日(火)に石川県金沢市で開催される「日本薬学会 第138年会」において、「ユーカリの5α-リダクターゼ阻害作用」を発表した。

【発表概要】

リーブ21は、成人男性によくみられる髪が薄くなる男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia, AGA)の発症メカニズムを明らかにし、そのメカニズムに沿って発症を抑制する天然成分を研究している。

その中で、ユーカリの抗男性ホルモン作用を評価。5α-リダクターゼのⅠ型およびⅡ型に対する阻害試験と、アンドロゲン結合における抑制作用を調査した結果、ユーカリの抽出物にⅠ型およびⅡ型の5αR阻害およびアンドロゲン受容体への結合阻害作用を確認。

main

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia, AGA)は、テストステロンが5α-リダクターゼ酵素により活性の高いディハイドロテストステロンに変換され、アンドロゲン受容体に結合することで引き起こされる。

このことから、5α-リダクターゼおよびアンドロゲン結合の阻害作用を持つものは男性型脱毛症の防止に有用であるとされ、男性型脱毛症の治療においては特に頭頂・前頭部に発現するⅡ型の5α-リダクターゼを抑えることがより重要であると報告されているのだ。

sub1

■方法・結果

1. 5α-リダクターゼ(以下「5αR」と略称)阻害試験:ラット肝臓由来5αR粗酵素を用いて、テストステロンとの反応における阻害率をHPLCにて解析。
2. アンドロゲン受容体結合阻害試験:テストステロン処理したLNCaP細胞にサンプルを添加し、3日後にWST-8を用いて測定。

■総括

ユーカリ抽出液はⅠ型およびⅡ型の5αRに対する阻害作用を示した。
LNCaP細胞においてテストステロンのアンドロゲン受容体に対する結合を阻害した。

【関連情報】
https://www.reve21.co.jp/

その他の情報はこちら!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます