ぼーっとする春の眠気を解消する方法(2018.04.02)

_M023525_TP_V4

新生活がスタートし、新しい人との出会いや楽しいイベントが盛りだくさんの春。

ぼんやりしたり、眠気に負けたりしていてはもったいない。

この季節を思い切り楽しむために、「春の眠気」問題をすっきり解決したいもの。

そこで『ウェルラボ』で公開した「春の眠気対策」についてのレポートを紹介しよう。

春に眠くなるのはなぜ?

「春眠暁を覚えず」という言葉が広く知られているくらい、春は眠いし、ぼーっとしがち。

だが、これにはいくつか理由があるのだ。

1:「気圧の谷」がやってくる

春に特有の気象条件が移動性高気圧。

大陸からやってきた高気圧が日本を通り過ぎた後には、必ず気圧がぐっと下がる「気圧の谷」が訪れる。

気圧が下がると副交感神経が優位になり、身体はリラックスモードに。

このためやる気が起きず、気分も頭もシャキッと目覚められないのだ。

2:新生活のストレス

春は卒入学や就職、異動などの多いシーズン。

自分には変化がなくても、職場のメンバーが入れ替わるなど、周囲の環境が変わりがち。

新しい状況に慣れるため、身体と心は知らず知らずのうちに緊張し、交感神経が優位な状態が続いている。

そのため夜になってもうまくリラックスできず、眠ったつもりでも充分に疲れがとれない。

その影響で昼になってもぼんやりしたり、眠くなったりするのだ。

0746d311d53fa2f903779c020dc0c372_s

このように、自律神経の働きが乱れると、質の良い睡眠がとれなかったり、睡眠のリズムが崩れたりすることがある。

また、夜にしっかり眠れないと疲れが翌日までもち越され、そのせいで昼に眠くなってしまうのだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます