• TOP
  • パナソニック
  • 新型衣類スチーマー〝チャレンジ10〟〜その機能を徹底検証

新型衣類スチーマー〝チャレンジ10〟〜その機能を徹底検証(2018.04.10)

ネクタイ

衣類スチーマー10

オンタイムの間は常にビジネスマンの襟元を彩るネクタイも、汗臭や飲食臭のリスクにさらされる存在。

パワフルスチームで脱臭すると同時に、気になる大剣のヨレなども回復できた。

Tシャツ

衣類スチーマー11

カジュアルでオフタイムを象徴するTシャツだが、たたみジワが入ったままでは周囲に残念な印象を与えてしまうので要注意だ。

スチームの噴出状態や動かし方のコツを習得するための〝慣らし運転〟用にも最適。

ニット製品

衣類スチーマー12

ニット製品のヒジや首周りなどの型崩れの回復にも、衣類スチーマーは有効。

アイロン台を使い、気になる部分にアイロン面を浮かせて、たっぷりスチーマーあてた後、手でやさしく形を整えていく。

レーヨン

衣類スチーマー13

繊細で独特な風合いを持つレーヨン素材。

しかしシワが入りやすく、ドレープをキープするのも至難の業だ。

そこで衣類スチーマーを使い、ニット製品と同じように形を整えていくことができる。

実は衣類スチーマーのアイロン設定温度は中温設定となっており、アイロン面をあてての使用が可能だ。

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます