消えない「折りジワ」を目立たなくする方法(2018.04.13)

■信頼できるドクターを見分ける方法とは?

今泉明子折りジワ03

今泉「昔は前者の下からシワを持ち上げて溝をうめるための注射がほとんどでした。

15年くらい前は、『ほうれい線を治療するなら線がある部分に打て』と指導されていたぐらいです。

そのため、頬が打ってパンパンになってしまうなんて事例がありました。

けれど、頬は理由が多岐に渡るので、ほうれい線にだけ打つわけじゃないんですね。

今はリフトアップのために打つのが主流になってきています。

いきなり、ほうれい線に直接ヒアルロン酸を多量に注入するドクターはちょっと考えものです。

逆にリフトアップの選択肢があるドクターはある程度信頼できると思います。

リフトアップの原理は、例えば手で、ほほを上に引っ張るとほうれい線が少しうすくなるじゃないですか。

これと同じことをヒアルロン酸の注入によって行うんです。

皮膚をひっぱることによってシワを消します。

つまり、なぜシワが深くなっているのかを考えて、根本的な構造を変える治療です。

ただ、技術やセンスが必要なんです。

前回も少し触れましたが、美容皮膚科は何か特別な免許があるわけではないので、お医者さんであれば、美容皮膚の治療はできてしまう。

内科の先生が、次の日からヒアルロン酸注入ってできてしまうんですよ。

でも、経験則やセンスが足りないと失敗。なんてことになりかねない。

だから、評判の良いところを選ぶ必要があります。信頼できるドクターをちゃんと選ぶのが大切です。

ちゃんとした場所で治療を受ければ、男性は化粧をしないので、効果が直結するのでハマる人が多いんですよ。

周りから若返ったねとか反応がもろに返ってくるので、ずっと続けたいという人が増えてきていますね」

今泉明子折りジワ04

東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュ院長
今泉明子
今泉明子折りジワ05

医学博士・皮膚科専門医。シワの注入治療の認定指導医を務めるなど、肌のスペシャリストとして活躍、患者の40%が男性という美肌男子の駆け込みドクター。

その他の情報はこちら!

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます