「星野リゾート トマム」に牧場をテーマにした屋外ラウンジ登場(2018.04.15)

星野リゾートトマム01

北海道最大級の滞在型リゾート「星野リゾート トマム」に、2018年7月1日、牧場をテーマにした屋外ラウンジ「牧場ラウンジ」が登場する。牧場ラウンジは、牧草を使った「牧草ソファ」や、丸太を使ったテーブル が設えられており、牛や馬などの動物や山の景色を眺めながら過ごせる空間だ。

また、ホテル「ザ・タワー」 より徒歩約5分の場所に位置するため、容易にアクセスが可能。リゾート内の店舗でテイクアウトした軽食 を持ち込めるため、大自然に囲まれた壮大な景色の中でスイーツやサンドウィッチなどを味わうこともできる。

背景

トマムは、もともと約700頭の牛が飼育され、農業が営まれていたエリアだった。同リゾートでは、この土 地が本来持っていた美しい風景を楽しんでほしいという想いのもと、牧場をテーマにした屋外ラウンジ「牧場 ラウンジ」を作った。

「牧場ラウンジ」の特徴

特徴1 動物も人間も居心地の良い空間で、景色を楽しむ

同リゾートでは、夏期の間、牛や馬、羊や山羊などを敷地内の約90ヘクタールの面積を有するエリアで飼育している。そのエリア内にある牧場ラウ ンジの円形状の床に、動物にとって居心地 良く過ごせるようウッドチップを敷き詰める。

そこでは、動物の鳴き声を聞いたり、 一部の動物とふれあったり、のどかな時間を過ごすことができるのだ。同ラウンジは大自然に囲まれているため、目の前に広がる牧場の景色 やトマム山(標高1,239メートル)を眺めながら寛ぐことができるのも特徴。

星野リゾートトマム02

星野リゾートトマム03

特徴2 牧場というテーマにこだわり、ソファの素材は牧草

牧場ラウンジに設えられている家具や装飾の素材は、牧場というテーマに統一されている。例えば、ソファ は本物の牧草のみで製作し、「牧草ソファ」と名付けた。他にも、円筒状の牧草ロールを点在させたり、この景観によく馴染むようテーブルは丸太にしている。牧草の感触や牧草の香りを感じながら、牧場や山の景色 を眺めることが可能。

特徴3 スイーツなどをテイクアウトして、自然を感じながら味わえる

同ラウンジには、軽食や飲み物を持ち込むことができる。また、ラウンジ内に設えられている牧草ソファや丸太のテーブルも自由に使用できるため、そこで 景色を眺めながら軽食を楽しめるのだ。

牧場をテーマにした空間で、特におすすめするテイ クアウト可能なリゾート内で購入できる商品は、cafe&bar「つきの」で販売している、牛乳の風味豊か なパンを使用しているサンドウィッチ「とまこっペ」 と、sweets「ゆきの」にあるフルーツやクリームが盛りつけられたオリジナルスイーツ「クープ」。

これらの商品は、持ち運びしやすいように設計されているため、屋外空間で軽食を楽しみたい方にぴったり。

星野リゾートトマム04

星野リゾートトマム05

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます