若い人ほど薄毛ストレスに悩みがち!?(2018.05.07)

薄毛ストレス01

メンズヘルスクリニック東京は、この度、薄毛に悩む全国20代~50代の男性1,600名を対象に「薄毛とストレス」に関する意識調査を行った。

昨今、男性向けの美容製品が増加*するなど、外見、容姿を気にする男性が増加傾向にあるよう。「薄毛とストレス」調査の結果、意外にも20代、30代の若年層が薄毛によるストレスを強く感じていることがわかった。具体的にどのような悩みを抱え、どのような不安を感じているか、また、薄毛がもたらす日常生活への影響について解説していく。
*約10年で男性美容市場が2倍(経済産業省 生産動態統計年報 化学工業統計編より)

【薄毛のストレスを最も感じている世代は意外にも若年層の20代、30代】

■20代、30代に襲い掛かる薄毛によるストレス

薄毛に悩む20代~50代の男性に「髪の悩み(薄毛)のストレス度を0~10であらわすとどのくらいですか。」と質問したところ、7以上と回答した人が一番多いのは、20代、30代で39.4%となった。一方で、40代、50代は、7以上が34.4%であったが、1~3と回答した人も33%となり、あまり気にしていない方も同程度に。

一般的に、薄毛が進んだ男性型脱毛症になる割合は年齢が上がるにつれて増えているが、薄毛によるストレスは、若年層ほど抱えやすいことが明らかになった。

■薄毛とストレス度合(n=1,600)
髪の悩みのストレス度を0から10であらわすとどのくらいですか(SA)

薄毛ストレス02

■薄毛が影を落とす人間関係

ストレス度合い7以上と回答した人に「髪の悩み(薄毛)によって日常生活で支障がありますか。」という質問をしたところ、20代、30代の半数が「自信が持てない」と回答し、薄毛を気にするがゆえに自分自身に対してネガティブに捉える傾向が見られた。

また、3人に1人は「他人の視線ばかり気になる」と、周囲の人からどう見られているかをかなり意識していることが伺える。このように薄毛によるストレスが起因する影響が、日常生活へも少なからずみられ、第三者との関わりに支障をきたす可能性があることがわかった。

■薄毛のストレスと第三者との関わり方 (n=590)
髪の悩みによって何か日常生活で支障がありますか。(MA)
ストレス度合7以上の若年層(20代、30代)と中高年(40代、50代)対象

薄毛ストレス03

【調査概要】
調査名:男性の「薄毛とストレス」に関する意識調査
調査対象:薄毛に悩む全国20代~50代の男性1,600名(各年代400名)
調査方法:インターネット調査
調査時期:2018年3月実施

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます