• TOP
  • パナソニック
  • 印象激変!?お手軽マユケアグッズでボサボサマユとウブ毛をリフレッシュ!

印象激変!?お手軽マユケアグッズでボサボサマユとウブ毛をリフレッシュ!(2018.05.10)

マユ毛ケアは好印象を与える顔への近道!

というわけで、まずは編集スタッフ・テラダに体験してもらうことにした。

本人によれば、これまでマユケアはしたことがないらしい。

その言葉を裏付けるようにアップで見ると、かなり自由奔放なマユとなっている。

パナソニックマユ&フェイスシェーバー02

濃淡、つまり密集しているエリアと過疎なエリアが混在しており、しかも輪郭もぼんやりしており、いわゆるボサボサ感が否めない。

そこで、まずは長さから整えることにした。

テラダ ヒゲの剃り残しや鼻毛などはチェックしていますが、マユはほとんどノーマーク。

でも、こうやってアップの画像を見ると、手入れの必要性を痛感しました。

パナソニックマユ&フェイスシェーバー03

前頁で紹介したように、「マユ&フェイスシェーバー」には2つのコームが付属して、4段階の長さに調整できる。

ビギナーはまずコームA【長】から試し剃り的に始めて、感覚をつかんだら、他の長さに移行してくのがいいだろう。

動かし方はマユ尻(外側)からマユ頭(内側)が基本。シェービングと同じく、マユがカットされている間はカット音がするため、設定の長さに達したか否かの確認は容易だ。

マユケアは今回が初体験というテラダも、すぐに動かし方やコームの当て方を習得。

この音による確認はビギナーにとっては、かなり有効なガイドラインになりそうだ。

ちなみに人によっては毛の生え方、特にマユ頭付近の毛が逆に(上向きに)生えている場合もある。

そんな場合は流れに逆らって、額から鼻に向かって動かす。

テラダ 最初こそ慎重に動かしていましたが、そもそも設定以上にカットされないコームを付けているので、安心して使えました。

パナソニックマユ&フェイスシェーバー04

長さが揃ったところで、次はライン揃えだ。これはコームを外して、刃は寝かせて、肌に沿うように当てていく。

テラダの場合、マユ尻付近にラインからのはみ出しが目立ったため、そのエリアからケアを行なった。

テラダ マユ用刃は小型なので、ラインから微妙にはみ出した部分も思った以上に細部のカットがしやすかったですね。

パナソニックマユ&フェイスシェーバー06

そして新搭載のウブ毛用刃にもチャレンジ。

これも刃は寝かせて肌に沿うように当て、毛の流れに逆らうように動かすのがポイント。

パナソニックマユ&フェイスシェーバー07

それでは、まずケア後のマユから見ていただこう。

マユ頭はもう少し手を入れる必要があるが、それでも長さが均等になり、ラインもはっきりしたことで、かなりボサボサ感は解消。

すっきりとしたマユになった。

パナソニックマユ&フェイスシェーバー08

そして全体の雰囲気はこんな感じ。

表情が引き締まったように見える。

テラダ 自分でもマユが整った感覚はありますね。

それほど時間をかけたわけでもないのに、その違いに少し驚いています。

ウブ毛用刃を使った後に化粧水を使ったのですが、これも肌の上での広がり方がいつも以上にスムースだったと思います。

これからも、この状態をキープしたいですね。

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます