胃や肝臓などの内臓をいたわる「防衛食材」(2018.05.15)

防衛食材01

生きていくうえでどうしても悩ましいのが、二日酔いや体重増加、胃もたれなどの不調…。

そんなあなたに、胃や肝臓などの内臓をいたわる防衛食材を紹介したい。

管理栄養士の意見も聴き、胃を守る食べ方を参考にしよう!

■不快な症状から守ってくれる頼もしい防衛食材たち

◎肝機能を促進させる食材

お酒を飲んでいる最中の不快な症状は、血中アルコール濃度が高まるほど強くなる。

これが「悪酔い」だ。

また、お酒を飲んだ翌朝に不調が起きるという人は、肝臓に影響を受けやすい「二日酔い」タイプ。

この悪酔いと二日酔いは、どちらも肝臓がアルコールを処理しきれないことで起きる。

そこでポイントになるのは肝機能を高めること。

お酒を飲む前に、肝機能を促進させる「クエン酸」や「酢酸」を摂取するようにしよう。

例えば、梅干し、レモン汁などのかんきつ類、酢などだ。

◎アルコールの吸収をゆっくりにする食材

そもそもアルコールの吸収を抑えてしまうという方法もある。

それには脂肪分が効く。

例えば、牛乳やチーズだ。

胃の壁に脂肪の膜ができることで、アルコールがゆっくりと吸収され、悪酔いしにくくなるといわれている。

また、胃の壁を保護する食材として、納豆や山芋などのねばねばしたものなど食物繊維も良い。

おつまみや前菜として、飲む前に食べておくのもいいだろう。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます