• TOP
  • パナソニック
  • 【男前プロジェクト2018】〝剃り残し〟が気になる若手広報マンが肌にやさしい泡シェービングを体験

【男前プロジェクト2018】〝剃り残し〟が気になる若手広報マンが肌にやさしい泡シェービングを体験(2018.05.21)

それでは体験の前に、「ラムダッシュ」と「濃密泡ブラシ」 の機能についておさらいしておこう。

パナソニック
メンズシェーバー ラムダッシュ(3枚刃) ES-ST8Q
男前プロジェクト04
外形寸法/高さ165×幅65×奥行き55mm、約155g

今回の新型「ラムダッシュ」の特徴としては、まず「ヒゲ起こしフィン」の搭載があげられる。

男前プロジェクト05

白い樹脂製のパーツが「ヒゲ起こしフィン」。

その前のローラーが「スムースローラー」。

実は男性のヒゲは部位によって生える角度が大きく異なっている。

それも口元が約80度に対し、ノドは約15度と、ほぼ寝ている状態。

これを起こして、外刃がとらえやすくするのが「ヒゲ起こしフィン」の役目だ。

また「スムースローラー」は、ヘッドと肌との摩擦を低減して、泡やジェルを外刃に届ける働きを担う。

男前プロジェクト06

頬につけたシェービングフォームやジェルを、ほどよく残す「泡スルーヘッド」は「スムースローラー」と同じく前モデルから引き続いての搭載となる。

さらに今回は泡洗顔など、泡によるスキンケアを提唱する「濃密泡ブラシ」も用意。

パナソニック
濃密泡ブラシ ES-MC31
男前プロジェクト07
外形寸法(洗顔ブラシ〈しっかりタイプ〉含む)/約高さ184×幅55×奥行き72mm、約220g

男前プロジェクト08

洗顔ブラシ〈しっかりタイプ〉とサロンシェービングブラシという2つのブラシが付属。

手洗いよりも約3倍きれいになるという(パナソニック調べ)。

サロンシェービングブラシは、理髪店でシェービングの際に使うブラシに近い感触。

ヒゲを立たせ、皮脂汚れをかき出すことで、より滑らかなシェービングを実現するという。

男前プロジェクト08

準備は本体に手持ちの洗顔剤(※)を適量入れるだけで完了。

電源を入れれば約5秒でクリーミーな泡が作られる。

泡作りにありがちなコツや手間の類いは一切なしだ。

(※)手作りの洗顔料、スクラブ入り、またはピーリング(角質除去)作用のある洗顔料は使用できません。

1 2 3 4
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます