• TOP
  • パナソニック
  • 長年の悩み解決!今年の夏こそハーフパンツコーデを楽しもう!

長年の悩み解決!今年の夏こそハーフパンツコーデを楽しもう!(2018.05.25)

長年の悩み解決!今年の夏はハーフパンツコーデを思いっきり楽しめます!

週末からは早くも6月。

本格的な汗の季節がやってくる。

実際、気象庁の統計によれば、2017年6月の東京の平均気温は22度。

これを最高気温でみると平均は26.4度に達しており、湿度は73%を記録。

ちなみに湿度が70%を超えると、カビやダニの活動が活発になると言われており、冬の乾燥に伴うウイルスやバクテリア対策同様、十分な対策を心がけたい。

ハーフパンツコーデ01

さて、そんな〝高温多湿〟の季節となれば、オフィスでは当然、半袖など本格的なクールビズ仕様に、オフタイムではハーフパンツと肌の露出が多い服装が増えてくる。

ここで気になるのが腕や脚のムダ毛だ。

ゴリラクリニックが行なった調査によれば、「脱毛したい自身のムダ毛」として1位はヒゲ、2位はお尻、そして3位にヒザ・ヒザ下、4位に太もも、5位は足指がランクイン。

これはハーフパンツに加え、時期的にサンダルを履く機会が増えることが理由として考えられる。
男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』調べ
対象期間/2017年4月10日(月)~4月29日(土)の20日間
対象者/10代から50代以上の医療脱毛チャレンジ中の男性200名

やはり気温の上昇とムダ毛に対する関心度は相関関係にあるようだ。

そこで今回、メンズビューティー編集部では、〝ボディヘアを思いのまま整えるテクノロジー〟を掲げる、5月に発売されたばかりのパナソニック『ボディトリマー ER-GK70』をフィーチャー。

第一線で活躍するビジネスマンに体験してもらい、率直なインプレッションをいただくことにした。

というわけで、ご登場いただくのは広告代理店の営業部に所属する脇田辰馬さん(27歳)。

細身のシルエットのスーツに身を包んだ、若手ビジネスマンという印象だが、夏を前に気になることがあるらしい。

ハーフパンツコーデ02

脇田辰馬さん
広告代理店でプロモーションプランニングを担当。PR戦略の立案からリリースの配信、イベントの企画など、その業務は幅広い。趣味はテニス。マイブームは日帰り旅行。

詳しいお話をうかがう前に、「ボディトリマー」の機能を予習しておこう。

1 2 3
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます