• TOP
  • パナソニック
  • プロも納得!濃密泡ブラシとカミソリシェーバーラムダッシュで手に入れるツルスベ男前肌【PR】

プロも納得!濃密泡ブラシとカミソリシェーバーラムダッシュで手に入れるツルスベ男前肌【PR】(2018.05.30)PR

それでは「濃密泡ブラシ」と「ラムダッシュ」との機能と特徴について、改めてチェックしていこう。

パナソニック
濃密泡ブラシ ES-MC31

片岡信和濃密泡ブラシ06

オープン価格
本体寸法(洗顔ブラシ〈しっかりタイプ〉含む)/約高さ184×幅55×奥行き72mm、約220g
電源方式/充電式・コードレス
充電時間/約2時間
連続使用時間/フル充電で約1週間使用可能
ブラシアタッチメント/洗顔ブラシ〈しっかりタイプ〉、サロンシェービングブラシ

濃密でクリーミーな泡を約5秒で自動生成。

付属の洗顔ブラシ〈しっかりタイプ〉を使うことで、手洗いよりも約3倍きれいになるという(パナニック調べ)〝自動泡洗顔ブラシ〟だ。

手順は本体に適量の洗顔料を注入して、適量の水(計量カップ付き)を加えるだけ。
※手作りの洗顔料、スクラブ入り、またはピーリング(角質除去)作用のある洗顔料は使用できません。

片岡信和濃密泡ブラシ07

向かって左が洗顔ブラシ〈しっかりタイプ〉、右がサロンシェービングブラシ
サロンシェービングブラシはコシのあるブラシでヒゲを立たせ、まとわり付いた皮脂の汚れをかき出す。

使い方としては、洗顔ブラシ〈しっかりタイプ〉で皮脂やテカリが気になるTゾーンをケア。

サロンシェービングブラシは頬や鼻下、口の周囲、ノドなどのヒゲエリアで使用、そのままラムダッシュによる泡シェービングに移行する。

異なるブラシで同じ部位に使うと、いわゆる〝二度洗い〟となり、乾燥など肌トラブルを招きかねないので注意したい。

パナソニック
カミソリシェーバー ラムダッシュ ES-ST8Q
片岡信和濃密泡ブラシ02

オープン価格
本体寸法/高さ165×幅65×奥行き55mm、約155g
外刃/ステンレス刃物鋼3枚刃
内刃/30°鋭角ナノエッジ内刃
リニアモーター駆動/約1万3000ストローク/分
主な機能/密着スイングヘッド、泡スルーヘッド、ヒゲ起こしフィン、スムースローラー、泡メイキングモード

片岡信和濃密泡ブラシ03

今回の「ES-ST8Q」では新たに「ヒゲ起こしフィン」がヘッド部に搭載された。

画面では、肌との摩擦を低減させる「スムースローラー」と隣接する、グレーの樹脂製のパーツだ。

実は人のヒゲは部位によって生える角度が異なっており、アゴ下やノドでは約10度前後と、ほぼ〝寝た〟状態と言われている。

この状態では外刃がヒゲをとらえにくく、いわゆる剃り残しとなってしまう。

これを解消すべく、寝たヒゲを起こす役目を担うが、「ヒゲ起こしフィン」というわけだ。

この「ヒゲ起こしフィン」、それほど大きなサイズではないが、その形状を波型にしてシェービング用の泡を肌に残す工夫が施されていたり、「スムースローラー」とシンクロして上下動する機構を採用するなど、小型とはいえ、多様な技術が投入されている。

その効果は再度、動画で確かめていただきたい。

片岡信和濃密泡ブラシ04

ヘッド部では、このほかにシェービング用の泡を肌に届きやすくする「泡スルーヘッド」も引き続き装備。

左右に30度可動するヘッドが、顔の凹凸にしっかり密着する「密着スイングヘッド」、ヒゲの濃さをセンシングして、自動でパワーコントロールする「ヒゲセンサー」なども継続して搭載され、肌にやさしい深剃りの実現に寄与している。

これから迎える汗の季節を爽やかな〝男前肌〟で過ごすためにも、「ラムダッシュ」「濃密泡ブラシ」ともにぜひチェックしておきたい製品といえるだろう。

撮影/動画、製品:岩田安史

その他の情報はこちら!

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます