全身疲労につながる首のコリをケアする方法(2018.05.29)

首温活

首のこりは全身の疲労にも影響があるといわれているが、なぜ首が関わっているのだろうか。

今回は、『ウェルラボ』が公開した首のこりに関するレポートを紹介しよう。

■すべての疲れは首から起こる?

首は、脳と身体をつなぐ“橋”のようなもので、太い血管や神経が通っている。

首がこって血行が悪くなると、その影響で全身が血行不良になり、疲労が蓄積されていく。

また、首にはおもに副交感神経の繊維でできている「迷走神経」が通っている。

副交感神経は、血流をよくしたり、胃腸の消化活動を促進したりするなど、健康維持に大きな影響を与える神経だ。

そのため、首がこって血行が悪くなると、副交感神経の働きが下がり、さまざまな不調につながる。

■首温めで疲れがすっきり!

帰宅してから寝るまでに5時間以上とれる日は、次のようなポイントに気をつけて過ごすことで、よりよい睡眠が得られる。

首には太い血管があるので、首を温めると全身の血液が温まりやすくなり、冷えや疲れもやわらぐ。

また、首を温めると副交感神経の機能も高まる。

その結果、リラックスできるようになったり、血流がよくなったりすることでこりもほぐれ、全身の疲労感の解消につながるのだ。

首温活

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます