• TOP
  • ニオイケア
  • 「ボディシート」がもらえるタクシー、絶賛運行中!

「ボディシート」がもらえるタクシー、絶賛運行中!(2018.06.05)

資生堂日本交通ボディシート01

資生堂のデオドラントブランド「エージーデオ24」は、2018年の“頑張る汗を応援”キャンペーンの一環として、国内最大手のタクシー会社である日本交通のタクシー乗務員へ「エージーデオ24 プレミアム デオドラントスプレー(医薬部外品)」のサンプリング企画を実施している。

さらに、2018年6月4日(月)から6月17日(日)までの期間、日本交通の乗客に「エージーデオ24 クリアシャワーシート Na」を進呈する「24H快適TAXI」の走行を展開。

■夏場も長袖ジャケット・ネクタイ姿のタクシー乗務員へ、サンプリング企画を実施

夏に冷房エネルギーの節約・節電のため軽装で仕事をする「クールビズ」の浸透が進んでいる昨今。日本交通でも、2008年よりクールビズとして、5月1日から10月31日はノー上着(ワイシャツにネクタイ着用スタイル)が励行されている。

しかし、今回日本交通のタクシー乗務員を対象にアンケート調査を実施したところ、乗務員の97%が「夏場にタクシー車内で、長袖ジャケットを着用することがある」と回答。

その理由としては、「習慣だから」(42%)、「だらしなく見えないようにしたいから」(38%)がツートップに。日々の習慣や、利用者への配慮などの理由で、夏場でもジャケットを着用している乗務員が多いことが分かった。

資生堂日本交通ボディシート02

こうした背景をふまえ、「24時間、いつでもどこでも肌快適ケア」をコンセプトにしたデオドラントブランド「エージーデオ24」では、2018年6月4日(月)より、日本交通タクシー乗務員へのサンプリング企画を実施。

「クールビズができなくても、仕事中を快適に過ごしてもらいたい」という想いから、タクシー乗務員に「エージーデオ24 プレミアム デオドラントスプレー(医薬部外品)」のサンプリングを実施することに。

■働く男女の約半数が、クールビズを「したくてもできない」…その理由とは?

また、2005年から環境省の主導で「クールビズ」が推進されるようになり、現在もさまざまな企業・団体が取り組みをおこなっているが、今回日本交通と「エージーデオ24」が、20~40代の働く男女500名を対象に実施した調査では、約半数(45%)が「クールビズをしたくてもできない/できないときがある」と回答。

資生堂日本交通ボディシート03

その理由としては、「クールビズが導入されていない」(37歳・女性)のほか、「上司をはじめ年齢の高い人がネクタイやジャケットを着用しているため、自分もあわせざるを得ない」(29歳・男性)、「クールビズを実施していない企業に訪問する際は、ジャケットを着用している」(44歳・男性)などの声があがった。周囲や取引先への見え方を気にしてクールビズを実践できないケースがあることも判明。

■「24H快適TAXI」で、タクシーご利用者様の“頑張る汗”も応援!

資生堂日本交通ボディシート04

今回「エージーデオ24」では、2018年6月4日(月)~6月17日(日)の期間、日本交通のタクシー乗客に「エージーデオ24」のボディシートを進呈する「24H快適TAXI」の走行を展開。

期間中、対象タクシーに乗車された約30,000名に、「エージーデオ24」のボディシート「クリアシャワーシート Na」を進呈(先着順/1日の配布個数は1台あたり20個)。

本企画により「エージーデオ24」では、日本交通のタクシー乗務員だけではなく、暑くてもクールビズできない忙しいビジネスパーソンを中心とした方々の、夏場の“頑張る汗”を応援したいと考えている。

また、JapanTaxiが展開する、日本初・日本最大級のタクシー配車アプリ「全国タクシー」とも連携。アプリ内のマップ上にサンプリング実施中の車両を表示する。配車時の車種指定機能において、対応車両を選んで呼び出すことが可能。

資生堂日本交通ボディシート05

2018年の夏は、太平洋高気圧の勢力が例年より強くなると言われており、全国的に平年より気温が高くなるとの予報(※1)もある。暑い夏、「24H快適TAXI」で配布される「クリアシャワーシート Na」で、ぜひ手軽に汗のケアをおこなってもらえればと思う。
※1:2018年4月25日発表 気象庁「全国3か月予報」より

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます