話題のオイル「ギー」の効果をおさらい!(2018.06.11)

ギー01

一昔前までは、ダイエットをするのならオイルはできる限り減らすほうが良いという考えが主流であった。

しかし最近では、質の良いオイルを適量摂取することが、ダイエットだけでなく美容や健康にも有効だということが知られるようになってきている。

オリーブオイル、ココナッツオイル、MCTオイル、グラスフェッドバターなど、体に有用だと言われる様々なオイルが台頭する中、次に注目されているのがインド発祥の優秀オイル、「ギー(ghee)」だ。

海外セレブや日本のモデル、タレントの間でも人気を集め、輸入食品を扱うスーパーでも見かけるようになってきたこのオイル、一体どのようなものなのだろうか?

「microdiet.net」では、このギーについての調査レポート『人気急上昇のオイル「ギー」のダイエット効果とは?』を公開したので詳細を見ていきたい。

■ギーとはどんなもの?

ギーは、一言で言うとバターオイルのこと。

発酵無塩バターを煮詰め水分やタンパク質、乳糖などを取り除いた、純粋な乳脂肪だ。

そのため、牛乳をはじめとする乳製品に含まれる乳糖を消化・分解できないことによって下痢などの症状が起きる乳糖不耐症の人でも、ギーなら口にすることができる。

ギー01

インドの伝統的医学であるアーユルヴェーダ、またアフリカやアジアの一部地域でも万能オイルとして古くから珍重されてきた。

現在では食品として利用されているが、昔は儀式や薬用として使われていたようだ。

また、ギーは35度前後で液体になり、温度が低いと固まる。

ギー01

味はほんのり甘くまろやかでコクがあり、バターに近い香りがする。

クセもないのでバター同様にパンに塗るほか、炒めものなど油を使った幅広い料理に利用することが可能。

少し前に話題となった「バターコーヒーダイエット」にこのギーを使用することも。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます